人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

コミュニケーションデザイン研究室

9月の誕生石は?

皆さま、こんにちは。アートクレイ倶楽部事務局の竹村です。
今日は9月の誕生石についてご紹介致します166.png

9月の誕生石はサファイアです。
9月の誕生石は?_f0181217_15364671.jpg

鉱物はコランダムになります。コランダムは赤はルビー、赤以外がサファイアになります。
サファイヤは深みがあって輝きがあるブルーですが、ブルー以外にホワイト、イエロー、ピンク、
など様々な色味があります。
スター効果があるスターサファイアも有名ですね。色が深くスター効果がよく出る石は高価になります。

9月の誕生石は?_f0181217_15370885.jpg
原産地はタイ・ミャンマーなどですがインドとパキスタンの国境にあるカシミール地方で採れる
カシミールサファイアは、若干白みがかった優しい柔らかなブルーをしているそうです。
私もこのサファイアは見たことがありません💦

モース硬度は9で硬く、ブルーが際立つ五大宝石のひとつです。

あともうひとつ、ラピスラズリです。
9月の誕生石は?_f0181217_15370100.jpg
ラピスは紀元前から世界中で珍重されている歴史のある美しい青色の宝石です。
高品質のラピスには小さく魅力的に分布したパイライトの斑点が見られます。
モース硬度は5~6の中間、5.5になります。ラピスは酸に弱く、レモン汁などに弱く
変色する可能性もあるとの事です。
少しデリケートな石ですが、深みのあるブルーは魅力的ですね。

ぜひ皆さんの作品にもブルーの色を組み合わせてみて下さい!!
竹村でした。


# by artclayclub | 2021-09-07 17:59 | Comments(0)

8月の誕生石は?

こんにちは。アートクレイ事務局の竹村です。
今日は8月の誕生石のご紹介です。
まずは、ハワイアン・ダイヤモンドとも言われるペリドットです。
8月の誕生石は?_f0181217_14041835.jpg
ペリドットは、地球のマントルの奥深くから溶岩と一緒に運び出され、溶岩が凝固した際に産出されたり、
宇宙からの隕石の中でも見つかることもあるという神秘的な石です。
古代エジプト王朝では、国家の総長「太陽神」に見立て崇められたと言われています。

モース硬度は6.5~7ですが、熱衝撃に弱い石で、スチームクリーナーや超音波洗浄器などには不向きな
石です。石鹸と柔らかいブラシなどを使ってお手入れして下さい。

次はサードニックスです。

8月の誕生石は?_f0181217_14042811.jpg
あまり聞きなれない宝石ですが、オニキスの一種で縞目が紅色と白色が代表的な美しい宝石です。
サードニックスを使った代表的なジュエリーアイテムとしてはストーンカメオになります。
赤や黒などの下地の上に白い女性の横顔が彫られています。




8月の誕生石は?_f0181217_14192750.jpg

ストーンカメオはドイツ、あともうひとつシェルカメオもあります。こちらはイタリアになります。
モース硬度は6.5~7です。
カメオの他、ジュエリー用にカットされたルースやお土産としてコースターなどにも使われています。

美しいオリーブカラーのペリドット、鮮やかな縞目の美しいサードニックスも皆さんのジュエリーの
お仲間にしてはいかがでしょうか?

竹村でした。




# by artclayclub | 2021-08-04 16:06 | Comments(0)

皆さんこんにちは!
アートクレイ倶楽部事務局の半田です。
今日は先日7月26日に開催した富山県の富山市エコタウン交流推進センターさんでのワークショップの様子をご紹介いたします。
富山市エコタウン交流推進センターさんでのワークショップの様子をご紹介!!_f0181217_10151224.jpg
富山市エコタウン交流推進センターさんでは、市民の方々に環境問題について学習し理解を深めていただくために、平成17年に「エコタウン学園」を開設。
講義やリサイクルクラフト、エコサイエンス教室などを開催し、環境学習やリサイクル体験を通じて市民が気軽に集える交流の場を提供しているそうです146.png

アートクレイシルバーも銀のリサイクルから生まれたリサイクル素材!
5年ほど前から、楽しみながら学べる環境にやさしい講座としてアートクレイシルバーのワークショップを開催していただいています。
富山市エコタウン交流推進センターさんでのワークショップの様子をご紹介!!_f0181217_10151459.jpg
毎年人気の講座で、今年は募集開始から10分で満員になったそうです!! 嬉しいですね♪
富山市エコタウン交流推進センターさんでのワークショップの様子をご紹介!!_f0181217_10151611.jpg
講師は稲田美由起先生。
参加者に毎年違う作品を作っていただけるように工夫いただいています!
富山市エコタウン交流推進センターさんでのワークショップの様子をご紹介!!_f0181217_10150792.jpg
今年の作品は「アートクレイシルバーと天然水晶のプレスレット」!
夏にピッタリのすぐに身に付けたくなるプレスレットですね177.png
富山市エコタウン交流推進センターさんでのワークショップの様子をご紹介!!_f0181217_10152296.jpg
富山市エコタウン交流推進センターさんでのワークショップの様子をご紹介!!_f0181217_10152526.jpg
富山市エコタウン交流推進センターさんでのワークショップの様子をご紹介!!_f0181217_10153231.jpg
皆さん大満足で身に付けられてお帰りになりました102.png

今、SDGs(エス・ディー・ジーズ:持続可能な開発目標)が注目され、リサイクル素材のアートクレイシルバーにもお問い合わせがあります。
ぜひ皆さんも身近な環境施設、学校、企業などで、アートクレイシルバーを使ったワークショップにトライしてみてはいかがでしょうか?


# by artclayclub | 2021-07-30 11:25 | Comments(0)

こんにちは。
事務局スタッフ松下です。 101.png

2年に一度の銀粘土コンテスト出品申し込みの期間を延長しています。
応募申込締め切りは7/21(水)まで!!
まだ出品を悩んでいる方がいらっしゃいましたら、まだ大丈夫です!!

さて、今回のブログではコンテストの「ちょっとしたトピックス」第2弾150.png

池袋の東京芸術劇場にて「どんな感じで展示されているのか」をご紹介しましょう!!!





まずは9:00~12:00にレイアウトを決めていきます。

大きく分けてテーマ作品/自由作品に分けられ、その中で各部門ごとにテーブルが分けられていきます。さらに天板/側面部分に白い布を貼りつけていきます。
そこから各テーブルに割り振られた作品数に応じて展示用の什器(会場で見たことあるとは思いますが、白いフェルトを貼ったものです)を配置し、その上に「あいうえお順」に作品の入った箱を置いていきます。

13:00~17:00にかけて作品を箱から取り出し、皆さんが作品提出の際に同梱していただいた「作品詳細書」を元に撮影された図録用の作品写真を元にレイアウトしていきます。
立ったまま作業すると中腰になって、かなり腰にくる作業141.pngなので皆さん椅子に座って黙々と作業です。


16:00~17:00には、施工業者さんによるサインパネルの制作です。

ここでも事務局長岩橋による厳しいチェックが・・・
1cm単位で位置を細かく指定していきます(実話)105.png


そんな感じでライティングなどの全ての作業を終了するのは大体18~19時位になります。

そんな努力は、全て「出品していただいた皆さんの笑顔を見る為!」す!!!106.png

今年も皆さんの大切な作品を丁寧に展示していきたいと、スタッフ一同思っています!

コンテストの応募締め切りは7/21(水)23:59までなので、残り時間はあと僅かです。
皆さんの申し込みをお待ちしております!!106.png



# by artclayclub | 2021-07-20 17:05 | 事務局より | Comments(0)

こんにちは。
事務局スタッフ松下です。 101.png

タイトルにも書いていますが、2年に一度の銀粘土コンテスト出品申し込みの期間を延長しています。
応募申込締め切りは7/21(水)まで!!
まだ出品を悩んでいる方がいらっしゃいましたら、まずはも申し込みだけ済ませておきましょう!!

さて、今回のブログではそんな出品を悩んでいる方も、申し込みを済ませた方も気になる、コンテストの「ちょっとした裏側」149.pngをご紹介。

第1弾?となる今回は「皆さんの出品した作品がどんなふうに審査されているか」をご紹介しましょう!!!

実は作品審査は2日間に渡って行われます。

まずは1次審査!(今年は9月9日です)
「第17回 銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト国際展」応募期間を延長します_f0181217_17134878.jpg
1次審査では翌日の審査員の先生方による最終審査に向け、作品を並べると共に
各部門の「出品要項」に適しているか、作品の大きさや技法などを主に確認していきます。

ここでは事務局長の厳しい目が光ります!!!
(写真は2019年の1次審査風景)

もちろん作品数が多いので、事務局スタッフ全員でチェック!!

皆さんが沢山の時間を使って、丁寧に仕上げた作品を1点1点確認していきます。








そして2日目-最終審査!(今年は9月10日です)
「第17回 銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト国際展」応募期間を延長します_f0181217_17325133.jpg「第17回 銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト国際展」応募期間を延長します_f0181217_17325177.jpg















まずは審査員の先生方が
午前中の2時間近く、作品すべてを見て回ります!
「●●先生■■部門を見てください、●●先生は■■部門で・・・」という風に審査するわけではなく、
先生達は必ず全ての作品に必ず目を通し、最終選考に残す作品を選んでいきます。
(ちなみにこの段階では事務局スタッフの発言は殆どありません。かなり静かな審査が厳正に行われます)









「第17回 銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト国際展」応募期間を延長します_f0181217_17325166.jpg
「第17回 銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト国際展」応募期間を延長します_f0181217_17325168.jpg















(お昼の段階で最終審査に残す作品を事務局で集めておき)午後は最終選考に入っていきます!!!

意見が割れることもあれば、満場一致で受賞作品が決まることも・・・

私も何度も立ち会っていますが満場一致で決まるのは珍しいと思います。そうした場合、各先生方で意見を交換し合い、納得するまでしっかりと議論していきます!!



そんな濃密な審査を進めて、受賞作品が決まっていくんですね!!

審査員の方々は活躍する現役の作家・デザイナーの方々。

そんな方たちに自分の作品をしっかり見てもらえる機会はなかなかありません!!
まだ出品を悩んでいる皆さん、出品をしたことが無い皆さん!!皆さんの作品を事務局スタッフ一同、心よりお待ちしております!!102.png






# by artclayclub | 2021-07-15 18:01 | 事務局より | Comments(0)