銀粘土全国セミナー~煌めくUV~

f0181217_15295741.jpgこんにちは。アートクレイ倶楽部事務局の平間です。

「銀粘土全国セミナー
        ~煌めくUV~」
に、
早速沢山のお申込みをいただき、誠にありがとうございます040.gif

私は、横浜、静岡、仙台、秋田会場を担当させていただきますので、宜しくお願いいたします。

今までセミナーへ参加したことがない方も、ぜひいらしてください。
ばっちりサポートいたします!

さて、ジュエリーは様々な素材で作られています。
最近はセルロイドで作られたアクセサリーが流行したり、
「紙からダイヤモンド」を謳い文句に素材を多様化することで、
ジュエリー表現の可能性を探られている方々もいらっしゃいます。

19世紀後半に世界から最も高い賞賛を受けたジュエリー作家「ルネ・ラリック」も、
それまで高価な宝石や貴金属を素材として制作された製品が、
「ジュエリー」であるとされた既成概念を、
ガラスや鉄などといった安価な素材を使用しながらも、
「デザインの魅力」という価値で翻しました。

今、デザインの価値は日本の消費者にとても重要視されています。
エコな観点でも注目されていますよね。
やっと、ラリックの想いが浸透した世の中になってきたのかもしれません。
樹脂は比較的安価な素材ですが、作品としてお客様に認めてもらうためには、
価値を感じるデザイン力と、それを表現できる確かな技術力が必要です。

f0181217_15412859.jpg今回のセミナーでは、
恐らく世界中探しても見たことがないような
新しい技法を紹介させていただきますが、
重要なのは基本的な造形や
配色のセンスだと思っています。
少しでも多くのセンスの源を皆様へお伝えするべく、
準備万端で臨ませていただきます!
f0181217_15472697.jpg
ちなみに、
右の写真は、
今回の作品を裏側から
撮影したものです。

これが透胎ドームと命名した所以で、樹脂自体は薄く透明感があり、裏がきれいにくりぬかれたようになっています。
実は裏から見てもきれいなのです043.gif
[PR]
Commented by 工房銀のアシスタント at 2010-03-15 12:33 x
昨日、体験教室に来られたお客様が、「小学生か中学生の頃におしゃれ工房で、見たんですよね。」と言っておられました。
女子大生さんでした。
感慨深いですね。。。
Commented by artclayclub at 2010-03-16 12:56 x
コメントありがとうございます。
「おしゃれ工房」でアートクレイが最初に紹介されたのは1998年。
本当に早いもので12年が経ちました。
本当に感慨深いです。
因みに今年の日本ホビーショーでは、子供のためのワークショップ「ホビッ子ランド」にアートクレイ倶楽部が参加します。
多くの子供たちに、アートクレイの「驚き」と「感動」を伝えたいと思います!
by artclayclub | 2010-03-12 16:55 | セミナー | Comments(2)