そもそも「テーマ」とは?

こんにちは。アートクレイ倶楽部事務局の平間です。

今回ブログを書かせて頂いた理由は、
今私が気になっている、言葉とモノ作りの関係について、
書きたかったからです。

上の行で、私は「ブログを書かせて頂いた理由は~」と、「頂く」という言葉を使いました。

私は文章を書く時に、この「頂く」という言葉を良く使うのですが、
この言葉は謙譲語で、相手に許しを請う言葉です。

これで許してくれ!と言い切ってしまっている訳で、
潔い言葉として仕事上は重宝しますが、
常に「僕を許して!」と世間に訴えかけているようなものです・・・。

皆さんは、良く使ってしまう言葉はありますか?
それはきっと、あなたの潜在意識や深層心理と言われるものかもしれません。

モノ作りは、作家の、答えを導き出したい何かモヤモヤした
自己の「潜在意識や深層心理」が目標になるのではないかと思います。

第 11回を迎える
「銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト」のテーマが発表されましたが、
いかなるテーマであっても、この「うまく言い表せない、何かモヤモヤした気持ち」が
創作のヒントになるはずです。

表現できた時の喜びはそれに費やした全てを翻し、
言葉の壁を越えて得られる共感は万国共通です。

さっき、「頂く」という言葉を使うと書きました が、私は必ず「頂」と漢字で書きます。
譲れません漢字です。
でも何で漢字で書くのかなー?ひらがなで書く人もいるし・・・。 

「第11回 銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト」のテーマは、
『つながり』です。
f0181217_12312396.jpg
    ↑次回で「銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト」は11回目。歴史も『つながり』ます。
[PR]
Commented by くまっぷ at 2009-10-08 11:47 x
わたくしの場合は「基本的に~」という言葉をよく使います。
次に「いただく」という言葉をよく使います。
「いただく」は平仮名です。譲れません。
なぜ平仮名なのかといえば、平仮名で「いただく」と表記したほうが、
相手方にとってやわらかく伝わるのではないかと。
自分で勝手に感じるからです。。。
許しを請う言葉なのに「頂く」と表記すると、、、何かこう、
強めな感じ。とんがった感じ。上から目線な感じ。
が、個人的にしてしまうのです。。。

誰もがきっと作家として、何かを表現しなければならない時があり。

また、作家として答えを導き出したい何かモヤモヤした
自己の「潜在意識や深層心理」が目標になることがあるのでは。

そう思わせて「いただける」、面白いお話だなあと思いました。。。
最後の無理矢理な表現。失礼致しました。。。
Commented by artclayclub at 2009-10-09 22:09 x
コメントありがとうございます!
今日知ったのですが、来年の日本クラフト展(主催:日本クラフトデザイン協会)のテーマが、なんと「繋ぐ」になっていました!(漢字です)
本当に偶然だと思うのですが、どこの業界も考えていることは同じということでしょうか・・・。
銀粘土の方は今月末に応募要項を発表致します。
くまっぷさんのご応募、ぜひお待ちしております!!
by artclayclub | 2009-10-02 19:56 | 事務局より | Comments(2)