新しい粘土!!何しましょっ?!

こんにちは。アートクレイ倶楽部事務局の平出です。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
先月開催されました「2009ホビーショー」にて、
アートクレイを製造販売している相田化学工業(株)が
“新粘土”を発表いたしました!
それも2つ!!1つは 『軽量銀粘土』 。もう1つは『銅粘土』です。
f0181217_10305160.jpg
↑『軽量銀粘土』&『銅粘土』(+銀粘土)で制作された作品たち!
「第10回銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト作品展」
 でも展示致します001.gif

両方とも、まだ正式な名称は決まっていないそう。
要は『軽量銀粘土』も『銅粘土』も通称です。
正式名称は何になるのでしょうね。
『軽量銀粘土』だったら、アートクレイシルバーlight(軽い!)とか?
『銅粘土』なら‥‥‥?? 何ですかねぇ?


ところで新粘土の特性ですが、『軽量銀粘土』はその通称の通り、とにかく軽い!!

f0181217_10214316.jpg重さは「アートクレイシルバー」の約2分の1!!
その軽さから、大きい作品にも挑戦してみたくなります。

←大きいもの代表壁掛け時計。 10cm×14cmで制作。
 『軽量銀粘土』なら、壁にかかる負担も半減です♪
 ちなみに短針は『銅粘土』です。



そういえば、ピアスの重さは耳にかかる負担から、3g程度が限界なんだそうです。
『軽量銀粘土』なら、ピアスも「アートクレイシルバー」で作るより
大ぶりなものにも挑戦できますね003.gif

ピアスに限らずアクセサリーは、大きいと華やかにはなりますが、重いのが難点007.gif
重いと肩も凝ってしまいます。
せっかく素敵なものを身に着けているのに、
いつもより疲れちゃうなんて残念ですよね。
そんな時は、『軽量銀粘土』の力を借りてみましょう♪
きっといい結果が得られるはずです!


『銅粘土』はその通称の通り、焼くと銅になる粘土!しかも“純銅”です。

f0181217_10392757.jpgそして銅の良さは、なんといってもその
作品の幅が広がりそうですね016.gif
銅の色を生かし、アンティーク調の作品にも良さそうです。
銀と銅でそれぞれ制作した作品を重ね着けすれば、
今まで銀だけでは表現できなかった
色のコントラストも楽しめます♪

また、銅だけに、銀粘土に比べて価格も安いので、
こちらも大ものを作りやすい!(※販売価格は未定です。)
いっそ、塑像を作るのも面白いかも。
まさに「銅像」072.gif

期待と妄想が膨らむ新粘土今年11月発売予定です!
最新情報は随時アートクレイ倶楽部ホームページなどでお知らせ致しま~す!
[PR]
Commented by maho at 2009-07-08 09:08 x
こういうのもあるんですね。勉強になります。
ところで、銀粘土に以前から興味を持っていたのですが、造形・乾燥までにどのくらいの時間を要するのでしょうか?面倒なのは苦手なので・・手軽にできるのなら試してみたいなと思うのです。
お手数ですが回答いただけると嬉しいです。よろしくお願いします。
Commented by artclayclub at 2009-07-09 14:27
>maho さん
コメントありがとうございます。
造形は作りたいアイテムによって異なるので、一概には言えませんが、簡単なアイテムなら初心者でも15分程度で出来ます。
難しくなってくると、乾燥後の修正で時間が掛かります。
乾燥の時間は、ドライヤー乾燥で約15分と思っていただければよいと思います。
大体ですが、作品完成まで2~3時間程かかる場合が多いです。
はじめるならキットがお勧めです。必要な道具やレシピが入っているので、ご家庭ですぐにはじめられます。
アートクレイシルバーのホームページでは、レシピの紹介やWEBサポート等もありますので、気になることがありましたら、ぜひそちらも参考にしてみてください。
http://www.artclay.co.jp/
Commented by chika♪ at 2009-11-01 20:22 x
はじめまして。
早く作ってみたい素材です。
色々楽しめそうですね。
Commented by artclayclub at 2009-11-24 13:59
>chika♪さん
コメントありがとうございます。
軽量銀粘土も銅粘土も、銀粘土同様、
金属でありながら、柔らかい粘土で自由に形が作れるところ魅力です。
ぜひ、 chika♪さんの個性を生かしたアイディアで、
楽しんでいただければと思います。
by artclayclub | 2009-06-19 21:12 | 事務局より | Comments(4)