11月19日(木)、大阪 ハートンホテル南船場にて、

光島和子先生によるスライドセミナー
『ガラスのジュエリー制作&デザイン』が開催されました!

作家心をくすぐる、素晴らしい発想の秘訣をお聞かせいただける内容で、
受講された会員の皆様も大変熱心にご参加されていました。
f0181217_948337.jpg


セミナーでは、人気のガラスのジュエリーの他、
書籍には掲載されていないガラスのオブジェなど、
普段は見ることのできない作品を含む、
なんと約100点のスライドをご覧いただけました005.gif
もちろん、その作り方だけでなく、
発想のプロセスなどもこっそり教えていただけます。

光島先生のデザインのポイントは、“シンプル”。
シンプルだからこそ、身につけたときに大きなインパクトを与えるのだそうです。
足し算ではなく、引き算で余計なものをそぎ落としていくのですね。
いつもとは違った発想の方法が身につきそうでした

「考えてから作らずに、考えながら作るのよ。
手を動かしながら作ると、型にとらわれない、
思いがけないアイデアが生まれるからね」




そう教えてくれた光島先生。
なるほど、先生の作品の、
シンプルでありながらも斬新なアイデアが詰まったデザインは、
そのようにして生まれているのですね016.gif


f0181217_18332121.jpg



東京会場は12月4日(金)です!!

光島和子先生によるスライドセミナー
『ガラスのジュエリー制作&デザイン』
東京会場 : 新宿 陽だまり工房
日程 : 12月4日(金)
時間 : (1)午前の部 10:00~12:30  (2)午後の部 14:00~16:30
参加費 :4,500円(税込)
定員 : 各回とも16名
ご持参品 : 筆記用具


f0181217_9502725.jpg


←約100点にわたるスライドは
貴重な資料ばかりです!



f0181217_9512582.jpg




作品を持ち寄って
ディスカッションも003.gif
f0181217_9452890.jpg






←お一人おひとりに
サインを書いてくださいました058.gif
[PR]
# by artclayclub | 2009-11-20 18:43 | 事務局より | Comments(0)

こんにちは。アートクレイ倶楽部事務局の平間です。

レシピ通信チラシ掲載の合成石がたくさん付いた「爪留めペンダント」!
このペンダント、使用している合成石の種類は
なんと13種類!!!

お手持ちの合成石が使用できるように、いろいろ種類を組み合わせたのですが、
形と色が豊富なだけに、色の組み合わせ、配置に悩みました。

色を多く入れると華やかですが、月の形がぼやけしてまい、
ポイントになる石の色が強過ぎたりと・・・
実は制作より、石の色を決める方が時間がかかったような・・気がします。

ここで、合成石の色パターンを少しご紹介!

まずは、やっぱり基本の白!
スタンダードなので、何にでも似合いそう016.gif
f0181217_1826923.jpg



ここで、ちょっと色を入れてみると・・
f0181217_18481259.jpg
ややおとなしめですが、黄色(ゴールデンイエロー)がキラリ072.gifと光ます。



さらに、温かみのある色を入れると・・・
f0181217_18493973.jpg
明るくなりました058.gif



水色(アクアマリン)ベースにもしてみました。
f0181217_1849528.jpg
ポイントには、エメラルド・サファイアを入れてみました060.gif


1つだけ石を変えても、作品全体の表情が変わるので何パターンもの
仕上がりが楽しめます!!

残っている合成石や、眠っている合成石を使って
色の組み合わせを楽しんでみませんか?
[PR]
# by artclayclub | 2009-11-11 19:49 | 事務局より | Comments(0)

全国セミナー!!!

こんにちは!
本部講師の三ツ橋です。

イギリスから帰ってきて早や一ヶ月!
時間が過ぎるのは早いですねー048.gif

一ヶ月の間に日本で「バイカラージュエリー」セミナーの講師をしてきました056.gif

先月のおわりから今月のあたまにかけて、
富山、長岡、長野と3日で3県制覇(?)いたしました♪
来てくださった皆様お疲れ様でした043.gif

作った作品を身に付けていただいていれば幸いです♪
まだ付けてない方は一回は付けてみてくださいね006.gif

銅粘土と軽量銀粘土はまだスタートしたばかりの新しい素材ですので
まだ誰も考え付いていない技法や作品がどんどん生まれてくるのではないでしょうか♪

私も皆さんに負けないようにどんどん新しいものを生み出していきたいと思うので
ちょっと期待して待っていてくださいね034.gif
[PR]
# by artclayclub | 2009-11-09 13:46 | 事務局より | Comments(0)

こんにちは! 本部講師の池本です。

10月27日(火)に陽だまり工房にて、
シルバーオーバーレイ
スキルアップセミナー
が開催されました024.gif

今回のセミナーを開催するにあたり、
皆様のアンケートを参考に、様々な素材を徹底的にテスト!
色々と試行錯誤を重ね、満を持してご案内する
今年のシルバーオーバーレイスキルアップセミナーは
『MORIAGE』という技法をご紹介いたします!

記念すべき第一回目!
ワタクシ、張り切って講師を務めさせていただきました!

受講された方々に温かく接していただけ、
終始和やかな雰囲気で、無事終了することができました060.gif

本当にありがとうございました003.gif
せっかくなので、講座の模様を2カットほど ↓ ↓

f0181217_2194830.jpgf0181217_2195835.jpg







今回のセミナーは、
シルバーオーバーレイで初登場の「色盛り絵具」を使った講座です。
素材紹介だけでは終わらない、オーバーレイならではの
要素を応用した内容となっております!!

どんな技法か見ただけで何となくわかっちゃう人も
ちょっと意外な手法を使っておりますので、驚かれるのではないのでしょうか?
どのような手法なのかは…
ごめんなさい、実際に受講されてからのお楽しみということで。
必ず満足していただける内容となっておりますので、ぜひご参加ください058.gif

誰でも楽しんでいただけ、内容がわかりやすい講座になるよう頑張りたいと思います。

それでは。会場にてお待ちしております!040.gif

詳しくはこちらからどうぞ!
※このセミナーは、シルバーオーバーレイ技能認定資格をお持ちの方が対象です。
[PR]
# by artclayclub | 2009-10-30 21:14 | 事務局より | Comments(0)

ガラスカットのきも

こんにちは~。本部講師の池本です。

涼しいを通り越し、めっきり寒くなってまいりました。
秋の夜長、いかがお過ごしでしょうか?
私はここのところ部屋にこもり、制作の毎日を過ごして……はおらず、
どちらかと言うともっぱら読書に勤しんでいる毎日です。
後は食欲の秋ですね。ご飯が美味しくて幸せな今日この頃です。
…閑話休題。

さてさて、もうご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、
アートクレイ倶楽部会員限定WEB特別販売会の
ガラスカッティングに伴う道工具の使い方を紹介したレシピ
『ガラスのカッティングをマスターしよう!』が配信されました!

f0181217_11435325.jpg
新しい銀粘土技能認定カリキュラム
「スウィートデザイン」
「メンズデザイン」
では、
この【ガラスのカッティング】の工程が
新たに加わりましたので、
ぜひ一度目を通していただければ幸いです。

ところで、本部教室では、
ガラスを扱う「ワンポイントレッスン」の講師をしております私。
せっかくなので、第1回ブログ内ワンポイントレッスン☆
を勝手に開催しちゃおうと思います!!

では早速、ガラスカッティングのきも、
ガラスカッターを使ったスコアー(傷)の入れ方についてワンポイント!!

WEBレシピでも説明されていますが、
ガラスカッターでスコア-を入れる作業は一回で終わるのが理想です!

f0181217_1221183.jpg
ガラスカッターを往復させて
何度もスコアーを入れたりすると、
いざガラスを割るときに
傷を入れた通りに割れず、
斜めに割れてしまう原因になります。

←斜めに割れてしまいました…


f0181217_1222228.jpg
緊張するとは思いますが、
ガラスカッターは、力を入れ、
思い切ってスパッとカットするのを     
イメージして、スコアーを入れてください!

←まっすぐ割れました♪


また、スコアーを入れる作業に慣れてきますと、
曲線をカットするのも可能になっちゃいます。f0181217_1218017.jpg

曲線カットのコツは、
1.カット中は均等に力を加え続けること
2.直線カット同様、ガラスカッターはガラスに対し、
75~90度の角度を常に保ってスコアーを入れること
です!       
          ぐぐっと均一に力を加えます→ 


f0181217_12274554.jpg
少し慣れが必要な作業ですが、意外と便利です。
ぜひともマスターしてみてください。

それでは、今回はこれにて~。 

←曲線カット成功~♪
[PR]
# by artclayclub | 2009-10-19 19:48 | 事務局より | Comments(3)