皆さんのお手元にはこのチラシが届きましたでしょうか?
そうです。今年最後の全国セミナーのご案内です!

f0181217_19263634.jpg


皆さんこんにちは!

普及推進担当 半田清昭(はんだ きよあき)です。

今日はこれから開催される全国セミナー

「驚き!中空リング」セミナー

について、私たちスタッフが学んだ様子をお届けします!


f0181217_14185374.jpg












と思ったのですが。。。

スタッフが、なんだか夢中になっている様子。

ん~~~~039.gif

あっ!


中村るみ先生のお土産の焼き栗をみんなで美味しそうに食べてるじゃないですか013.gif

f0181217_14225650.jpg


ちょっと撮影をストップ!
スト~ップ!!




f0181217_14231284.jpg





えーー皆さん。。。

そろそろ、勉強会始めても良いですか?

僕、困ってまーす。



f0181217_14255181.jpg




中村先生)いーからあなたも食べなさいよ!


f0181217_14263595.jpg

いや~でも僕、取材中ですし。。。















中村先生)いーから食べなさい!

半田)はい!
いただきます!!


f0181217_19343565.jpg














f0181217_1436177.jpg


半田)うわーーこれすごく美味しいじゃないですか053.gif




焼栗の焦げた表面からは想像がつかないほど、中身はふっくら柔らか。

まるで焼き芋のようです~012.gif

この見た目からは想像がつかない中身のすごさ!017.gif

これはまさに今回の「驚き!中空リング」の作品に通じますね!049.gif

f0181217_1938180.jpg




















と、綺麗にまとまったところで040.gif
f0181217_19382152.jpg

改めまして今回の講師、中村るみ先生です。

中村るみさんは、普段からアートクレイシルバーならではの技法を取り入れた、アイデア満載の作品作りが得意な先生です。

今回のセミナー作品は複雑な技法や工程はあえて取り入れず、
基本的な甲丸リング、だけど中空といったシンプルな作品内容になっています。

もちろん、それだけでは終わりません034.gif


f0181217_19401360.jpg
f0181217_1941819.jpg

















新しい中子材を使ったアレンジ作品の数々。

f0181217_19542113.jpg
f0181217_19553322.jpg

































セミナー会場では実際に手に取っていただき、
中村先生から制作方法についてご説明いただきます。005.gif





「楽しみながら人生を豊かにしてくれる素材、アートクレイが大好き」053.gif

とおっしゃってくださる中村るみ先生から、皆さんへメッセージです!





[PR]
by artclayclub | 2013-10-30 17:13 | セミナー | Comments(0)

こんにちは。

事務局スタッフの松下です。

ひさしぶり〜〜、のブログです。001.gif


皆さんお元気ですか?そろそろ皆さんのお手元に
「アートクレイマーケット2013冬号」が届いているのではないでしょうか?



今回もおもしろいモノをたくさん紹介していますので、ぜひ目を通して下さいね!034.gif

f0181217_173327.jpg今回のチラシは観音開き
なので「あれ、今回は品数が少ないな~」008.gifと思った方!

中面を見落としてる可能性があるので注意してくださいね!!034.gif











さて、本日ご紹介するのは、デジタルイメージボックスです。
最近はブログやフェイスブックでご自身の作品の画像をアップしている方がたくさんいらっしゃるようです。

そこで
作品画像を上手に、美しく、簡単に撮影出来る教材を紹介しちゃお〜〜!という訳です。003.gif

f0181217_112592.jpgデジタルイメージボックスの大きさは3種類。(左から小・中・大)

基本的な性能は3台とも同じで、4つのスイッチで光量を調節するだけでプロカメラマン級の撮影が出来ます。






スイッチがいっぱいあるけど、どう違うの?
と思ったあなたのために!
簡単ですが、動画を作りましたので見てください!027.gif








では3台についてはどう使い分けるの?という疑問が出ますよね?042.gif



そうですね~
ボックスの大きさに関しては単純に撮影できる作品の大きさが違うと思ってください。


それでは実際に撮影しながら説明していきましょう!!027.gif

まずはPX-260(小)です。
f0181217_17211992.jpg
このボックスは単品の作品撮影に適しています。
ボックス内はまっ白な状態です。そのままでは味気ないので作品の下に、ご自身の作家名や工房名を印刷した紙を敷いてみてもいいですよね。

この写真は背面ライトのスイッチを入れた状態。
そうすると背面から作品に光が当たるので、作品の前方に影が出来、雰囲気のある写真に仕上がります。





次にPX-300(中)で作品を撮影してみましょう。
f0181217_11105472.jpg
コチラは複数の作品を同時に撮影する時におすすめですよ。
ペンダント等の大きめの作品もバッチリ撮影出来ます!

スイッチは正面ライトを点けてみました。こうすると前面から光が当たるので、作品の影が出来ず、明るい雰囲気の写真が撮影出来ます。


最後にPX-350(大)で撮影です。
f0181217_119487.jpg
このサイズのボックスだと複数点+αの撮影が出来ますね。

PX-350はボックス内が広いので、奥行きのある撮影が可能です!005.gif
この写真は正面スポットライトを点けた状態です。
全体が明るくなり、作品にもハイライトの光が多く出来ます。



デジタルイメージボックスは上部からの撮影も可能です。
f0181217_11133668.jpg

複数の作品に均等にピントを合わせたい時は、上部からの撮影がおすすめです。






いかがですか!このデジタルイメージボックスを使えば、
無駄な反射や映り込みが少なく、明るく美しい作品撮影が出来るのがお分かりいただけたでしょうか?034.gif

因みに、撮影はごくごく普通のデジカメで撮影しています。
一眼レフでなくても、十分きれいな撮影が可能です。
撮影後、少しホワイトバランスを調整するのがポイントですね。
っていうかこれは必須です。

また、スマホが結構きれいに撮れるんですよねー(不思議)005.gif






ここでちょっとお知らせです。


このデジタルイメージボックスをちょっと使ってみたいな~、という方。
府中アートクレイ工房にて
「デジタルイメージボックス」無料講習会
を開催いたします。



10/31(木)と11/6(水)の2日間、10時~17時の間であればデジタルイメージボックスを使って、ご自分の作品撮影をしていただく事ができます!
※参加者が多かった場合は、前の方が終了するまで少々お待ちいただくかもしれません040.gif

必要なものは「デジカメ」「作品」、それと必要であれば作品と一緒に写したい「小物」です。
この機会にぜひ、府中工房まで足を運んでください!!




それではまた次回のブログで!027.gif
[PR]
by artclayclub | 2013-10-25 23:36 | 事務局より | Comments(0)

大変お待たせいたしました!
1年のブランクを経て、只今
『第13回 銀粘土でつくるシルバー
   アクセサリーコンテスト作品展』

                              を開催しております!
f0181217_18335912.jpg

たくさんの方に足をお運びいただいております。
本当にありがとうございます。040.gif
f0181217_18341357.jpg

f0181217_18341369.jpg


受賞作品はこちらに掲載しています。

写真で見るより、実際の作品を間近に見るととても素晴らしくてとても感動してしまいました。


初日10/2(水)には、授賞式典とパーティーが開催されました。
f0181217_18464417.jpg


f0181217_18563774.jpgグランプリ作品『Coral』を制作された、フィンランドのAstari G.Swatantriさんも来場され、
喜びのコメントをくださいました。
f0181217_18543772.jpg

美しい化石珊瑚と新木目金の技法の組み合わせで、「過去と現在」をテーマに作られそうです。
緻密な技術と大自然の美しさの融合で魅せられます~。


ぜひ会場で実際にご覧になってくださいね!


授賞式典の後は、レストランに会場を変えて、アートクレイ倶楽部交流パーティーを開催!
美味しいイタリア料理とワインを皆さまに堪能していただきました。
f0181217_18464544.jpg

f0181217_18472385.jpg

会場では橋本聖子名誉会長の乾杯の挨拶で最高潮に盛り上がり、
アートクレイ倶楽部特別表彰、相田化学工業創業50周年記念特別表彰なども行われ
終始なごやかに、楽しく過ごすことができました!


       072.gif  072.gif  072.gif

第13回銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト作品展

今週末10/6(日)までの開催です!

皆さまのお越しをお待ちしております。


会場:東京芸術劇場 ギャラリー1

<アクセス>
JR、東京メトロ、東武東上線、西武池袋線、池袋駅西口より徒歩2分
池袋駅地下通路2b出口と直結しています。

会期:10/2(水)~6(日)
    10:00~18:00(入場は17:30まで)
    ※最終日は16:00まで(入場は15:30まで)


お問合せ:TEL.042-366-8771(アートクレイ倶楽部事務局)


  
[PR]
by artclayclub | 2013-10-04 17:38 | イベント | Comments(0)