<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

皆さん、こんにちは!

アートクレイ倶楽部事務局の吉原です027.gif

今回は平井拓也先生による、春の全国セミナー

「色金の象嵌ペンダント」第1回目の会場の様子をお届けします!

f0181217_105950100.jpg





会場は東京都府中市にあるアートクレイ工房。

朝、工房へ向かう途中にある、大国魂神社境内の満開に咲いた桜をしばし眺め、

春らしい贅沢な景色を堪能。023.gif

f0181217_11503210.jpg

(この写真は工房から見た参道付近です)

セミナー会場では、満開な桜に引けを取らない、色男の平井先生。029.gif

f0181217_11183917.jpg
贅沢な春の第1回目の講座です。




今回の技法は、純銀製のアクセサリー②に掲載されていた

人気の「ブラスワークペンダント」を進化させた技法です。

f0181217_1148960.jpg





ここでは詳しくお伝えできませんが、希望する箇所に綺麗に象嵌が出来る

新技術が盛り込まれています。028.gif

また、真鍮線以外の金属線も使いますので、

仕上げの最終段階で「花咲かじいさん」のように魔法の粉をかけると、

春らしい、植物の芽吹く彩の作品が出来上がります。056.gif

f0181217_11215073.jpg





会場の様子 その1

f0181217_11225338.jpg


会場の様子 その2

f0181217_1544713.jpg


会場の様子 その3 
金属線のなまし加工中(なましとは?金属を柔らかくする加工方法です)

f0181217_11231986.jpg


今回のセミナー作品に華を添える「より線」作りは、他の参加者とペアを組んで一緒に作ります。051.gif

どうやって作るかは、会場でのお楽しみということで037.gif




さて、セミナー会場では、現在アートクレイマーケットでご紹介中の
小型集塵機とリューターミモを、皆さん興味津々で使ってくれていました。

f0181217_11295941.jpg


やはり皆さん小型集塵機が気になるようで、

そのコンパクトさと音の小ささにびっくり!注目していました!!



f0181217_1221816.jpg
そんなこんなであっという間に、夕方4時の終了時間。

素敵な作品が完成しました~

こちらは参加者の作品をお借りしました。とっても素敵でしょ!










色金の象嵌ペンダントセミナーは始まったばかり!!

皆さんのご参加を心よりお待ちしております!!!
[PR]
by artclayclub | 2013-03-26 13:55 | セミナー | Comments(2)
こんにちは。
本日2回目ですが、事務局の松下です。027.gif

「また〜?」とか言わないで下さいね。
私は身体は(横に)大きいですが、心はガラスのように繊細なので!
…泣いちゃいます。007.gif



さて、アートクレイマーケット 2013ヒット商品
「銀ハンダ」の関連教材キャンペーン
「銀ハンダを使ってつくるアクセサリーのための金具」キャンペーンも大好評です。


その中の商品についていくつか質問を頂きましたので、ちょっと紹介しますね。




まずは「フープイヤリング」です。
f0181217_15244567.jpg「これってイヤリングじゃなくてピアスじゃないんですか?」って聞かれました。

…そうですね、そう思いますよね。形状的に。008.gif
実は違います。

これはイヤリングで間違っていません。誤植じゃないですよ〜。042.gif


f0181217_1526287.jpg正確にいうと、ピアスの様に見えるイヤリングです。

これは「ピアスをしてみたいんだけど、耳に穴は開けるのはちょっと抵抗が・・・」という人の為の金具なんですよ!
034.gif
先端についている二つの丸玉を開くようにして耳たぶを挟み込み、装着するタイプの金具なんです。


また別の質問では
松下さんの動画で火加減が重要なのに分かりにくいです」という声も頂いています。

これはもう「すみません!」と言うしかありませんね。008.gif
そこで復習の意味も含めて説明しましょう!!

f0181217_15281946.jpg火加減は火力調節スイッチを真ん中よりも少し右にしてください。

注意して欲しいのは、バーナー内のガスの量やバーナーの種類でも火力は変わる事です。






f0181217_15284615.jpg横から見ると炎の先端が少し上に向く位がちょうど良いですよ。034.gif











あと多かったのは「カフス金具の作品ってもっとないんですか?」という質問?です。

それではこの質問に対しては作品を紹介します。


カフス金具を使った作品はコチラ!
f0181217_1530658.jpg
この作品はシルバーの土台にデコレで「オパール・ブラック」を石留めした作品です。

本物の天然石を使用する事で高級感を出してみました。

もちろん、銀ハンダで土台をつけてからデコレの作業を行ってますよ!034.gif


もう一つはコチラ!!
f0181217_15322525.jpg
この作品はダイクロガラスを使用しています。

おっと、ちなみに銀ハンダはガラスにはつきませんよ。

写真をよく見て下さい!ガラスの裏面に銀の土台がみえるでしょう?
その部分にハンダ付けしています。

ガラスのパーツは、焼成後のシルバーの土台をガラスと一緒にフュージングしてくっつけています。
シルバーとガラスを組み合わせているので、除冷はしっかり行ってくださいね!034.gif

低温でハンダ付けするので、ガラスも私の心のように簡単に割れる事はありませんでした。005.gif


まだまだ可能性はたくさんありますので、皆さんも是非チャレンジして下さいね!


それではまた次回のブログで!!027.gif
[PR]
by artclayclub | 2013-03-08 15:36
こんにちは。
事務局スタッフ松下です。027.gif


そういえば皆さん、一昔前に流行った女優ミラーってご存知ですか?
鏡の前にランプが付いていて、肌を美しく魅せるやつです!

最近?ではプリクラなんかにもあるらしいですね。



今回はそんな女優ミラーみたいな、
「アートクレイオリジナル
  LED 3Dフレーム」
のご紹介をしたいと思います。034.gif




まあ、なんといってもこのフレームの一番の面白い所は女性を美しく…
違った!!作品を美しく、そして目立たせる事ではないでしょうか!?


f0181217_1222718.jpgまずはコチラをご覧下さい。

作品をたくさん展示していると、見せたい作品がちょっと埋もれてしまいませんか?




 



f0181217_124077.jpgそこでLEDランプを点けると…

ご覧の通り、見せたい作品がバッチリ目立ってきます!019.gif












f0181217_1516466.jpg
しかもこのライト、上下左右から作品を照らすので濃い陰が出来にくいんです。

それは開発する際、こだわったのがライトの「位置」だからです。042.gif
作品よりもライトの位置が前面にきているのが分かるでしょうか?

この位置にライトをつける事で、作品の側面からではなく前面に光をあて、作品の美しさを際立たせているんです。

そう!まさに女優ライトのように!!



あと忘れてはダメなのが「作品の取り付けやすさ」です。
マグネット式なので簡単に作品を付け替える事が出来るんですよ。

そこでこんな事もやってみました。012.gif
f0181217_137418.jpgまずはフレームの内寸と同じ大きさに切った紙を差し込みます。

今の季節なら当然桜モチーフですよね。









f0181217_1395613.jpgあとは作品を留めるだけです。

下地の紙を留めると同時に作品もディスプレイする、まさに一石二鳥の展示方法です!005.gif

例えば季節によって模様を替えたり、作品によって替えるのもいいんじゃないですかね〜。






f0181217_15202776.jpg
ランプをつけるとこんな感じになります。

ちょっと夜桜っぽくていい感じじゃありませんか?
















作品を人に例えると、額は服のようなものです。

どんな額に飾っても作品の価値は変わりませんが、着る服によって見る人の印象は大きく変わりますよね?


みなさんも一生懸命作った作品をキレイにディスプレイしたいならどうでしょう?


それではまた次回のブログで!!027.gif
[PR]
by artclayclub | 2013-03-08 09:44 | 事務局より
こんにちは。
事務局の松下です。027.gif

今週の事なんですが、府中工房で行われた新木目金セミナーで会員の皆様とお話する機会がありました。
…っあ!、講師は僕ではありません。

ますますイケメンに磨きがかかった平井先生ですよ!034.gif




そこで色んなお話をさせてもらったんですが、
皆さんから「アートクレイマーケット2013 春号」で紹介している教材について、
たくさんの質問を頂きました。


そこで今回は皆さんの疑問を解消すべく、「From USA」に的を絞ってご紹介します!!003.gif





まずは小型集塵機です!
f0181217_051226.jpg前回のブログでも紹介しましたが、小さいながら優れもの!

かなりのパワーがあります!








少し分かりやすく説明するとこんな感じになります。



f0181217_1943378.jpgまずは小型集塵機を使わずにリューターで切削作業をした場合…

う〜ん、なんかいつもの私の作業机のような気がします。008.gif

切削した粉が周りに飛び散ってひどいもんです。





そこで小型集塵機を使うとこんな感じになります。
f0181217_186529.jpgこの写真は本当のホントに作業した後の小型集塵機周辺の写真です。(ゴム台がちょっと見えてますよね)

赤い丸で囲んである部分・・・分かりますか?008.gif

ホコリじゃありませんよ。


実際に比較してみてびっくりしました!!

あまりに切削した粉が集塵機の外に出ないのでどうしようかな〜って思ったぐらいです。



どうですか?比較するとその強力な吸引力にびっくりするでしょう!?

小型集塵機は音も小さいので
お家の中で作業を行う作家タイプ
(家族に作業スペースが「汚い!」と言われて傷ついてる人
…私の事ですね)007.gif

夜中の方が作業がはかどるタイプ
(夜中の作業は美容の為にもほどほどに!)

といった方々に特にオススメです!!







つぎにクラフトライトをご紹介!
f0181217_17491647.jpgこの教材はズバリ「良く見える!!」でしょう。

ルーペが大きく見やすいのも当然ですが、新型LEDランプがついているので、暗くなりがちな手元を明るく照らしてくれるので、細かい作業でもバッチリ見えます!!













f0181217_18201778.jpgちなみにスタンプを押す時にも便利ですよ!!034.gif

スタンプを押す時に、浅さかったり、深く押しすぎたりして困った事がありませんか?

このクラフトライトを使えばそんな事とはオサラバです!!029.gif


特に
最近目が悪くなってきたな〜と感じている人

(う〜ん、最近上司がよく言ってるな、この言葉…)

頭に装着するヘッドタイプのルーペが苦手な人
(これも私の事ですね。ヘッドタイプのルーペはメガネon眼鏡になって見にくいので…)

といった方々にオススメします!







最後に一番質問が多かった、銀ハンダの紹介です!

f0181217_1822261.jpgこの教材はなんといっても
「低温でロウ付けに近い作業が出来る」事が最大のメリット!

低温で作業が出来るので油性ペーストやロウ付けでの接着が難しかった、メッキされた金具との接着も可能なんです!005.gif








火加減などもあるので動画で紹介しましょう!

どうですか?分かりやすかったでしょうか?

伝えたかった事は
「かなり低温で作業できる」です!

メッキした物やいぶし仕上げをした作品でも銀ハンダ付けが可能です。

ただ、いぶしは少し色が薄くなるかも知れないのでご注意ください。


銀ハンダは、かなり弱い炎でも十分に作業が可能です。034.gif

ロウ付けに興味があるけど難しそうなので諦めてた人

油性ペーストがめんどくさいので、何でもエポキシ系接着剤でくっつけてた人
はチャレンジしてみてください!034.gif

もうすでにチャレンジされてる方がブログで紹介してくれています!

うれしい限りですね!!019.gif


※追加でこちらの作品も作ってくださいました!⇒f0181217_9303968.jpg
(写真をクリックするとブログを見られます)

「アートクレイ専用石枠を3つつなげました。土台に使う銀粘土の量が少なくてすむのでリングなどのボリュームを軽減できますよー。
以前はオイルペーストを使ったりしたので、時間も手間もかかったけどこれならすごく簡単で早い!」

なるほどですね。素敵なリングが出来上がりました。

埼玉県のアートクレイ教室Tigreさん、ありがとうございました!



そして、僕が作ったのはコチラ!!
f0181217_183158100.jpg


テクスチャーシートを使って簡単にカフスが出来上がりました!019.gif

今回使用している金具は
WEBで開催中の「銀ハンダを使ってつくるアクセサリーのための金具特別販売会」で紹介していますので、見に来て下さいね!




それではまた次回のブログで!!027.gif
[PR]
by artclayclub | 2013-03-01 19:19 | 事務局より

アートクレイ倶楽部事務局より皆さんへメッセージ


by artclayclub
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31