夏に向けてカラフルバングルを制作

こんにちは。
事務局スタッフの松下です。027.gif

最近暑くなってきましたね~!朝は半袖を着るか、長袖を着るかで良く悩んでいます。
(そしてその判断はだいたい間違えています)026.gif

徐々に058.gifが近づいてきている証拠ですね♪

そこで今回は
見た目にも涼しいアクリルバングル
を使用したレシピのご紹介です!!


f0181217_1703825.jpgf0181217_1712026.jpg







アクリルバングルに型紙をセロハンテープで貼り付け、その上にシリンジタイプ(グレーノズル)で模様を描いていきます。水筆ペンで形を整えながら作業しましょう。
種の部分はシリンジを押し出すようにドットを表現していきます。
左の写真は型紙の大きさの参考にしてください。027.gif


f0181217_176249.jpgf0181217_176216.jpg







全体を2層に重ねたら乾燥させます。
乾燥したら、ピンセットを回転させるようにして型紙を巻き取り、つなぎ目をペーストタイプで補強して完全に乾燥、そして焼成です。


f0181217_1793690.jpgf0181217_1785226.jpg







焼成後、アクリルバングルに沿わせ、形が合わなかったら指でゆっくり押して沿わせていきましょう。042.gif

そしてDeCoReの登場です。 DeCoReスモークトパーズA材、B材各0.8gをよく混ぜ合わせ、1mm厚にのばします。


f0181217_17145742.jpgf0181217_17151520.jpg







のばしたDeCoReをシルバーの裏側に押し付け、余分な部分はカッターでカットします。
小さめにカットしておくと良いですよ。
そしてアクリルバングルにぐい~~っと押し付けて、接着してください。

DeCoReには、このような「接合材」としての使い道もあるということで!


f0181217_1716282.jpgf0181217_17163556.jpg







さらに、DeCoReを小さくまとめて種の部分に押し付けます。
スパチュラで平らに整え、DeCoReビジューストーン スモークトパーズ PP8、PP12を全体に埋めていきます。
ここで「ん!?写真の花びらにビジューストーンが…。花びらの工程あったっけ?見逃した!?」と思っている方、大丈夫です。勘違いでも、私が書き忘れた訳でもありませんよ!
ズバリ、大人の都合です。※写真を撮る順番を間違えただけです。008.gif


f0181217_17185886.jpgf0181217_17191184.jpg







ここでやっと花びらの工程ですね!012.gif
DeCoReトパーズA材、B材各0.1~0.15g(花びら1枚分)をよく混ぜ合わせ、ひも状にのばしてからスパチュラで花びらの中に平らに整えながら埋めていきます。
そこにDeCoReビジューストーン トパーズ PP8、PP12、PP24を敷き詰めていきます。


f0181217_17201143.jpgf0181217_17202613.jpg







最後に外側の花ビラにも、DeCoReスモークトパーズ、ビジューストーン トパーズを敷き詰めて完成です。

完成品はコチラ!
f0181217_17244795.jpg

アクリルバングルに大胆にあしらったひまわりの花が、地平線から昇る太陽のように見えませんか?003.gif

暑気払いの意味を込めて、あえて夏のイメージの強いひまわりをモチーフにしてみました。034.gif
花びら全部にビジュストーンを埋めず、透かし模様の「軽さ」を活かしたつもりです。

皆さんも、お好きなモチーフで制作を楽しんでください!

それではまた次回のブログで!!027.gif
[PR]

by artclayclub | 2012-05-29 22:19 | おすすめレシピ | Comments(0)

父の日にボールマーカー!

こんにちは。
事務局スタッフの松下です。027.gif

4月にアップした「桜モチーフで母の日のプレゼント!」は覚えていますか?

母親がプレゼントを喜んでくれて大変嬉しいんですが、ひとつ問題が・・・
父親が最近何かを期待するようなメールを送ってきます。。。

そう、6/17は父の日ですよね!005.gif

そんなメールを送ってくる父親のため、今回は父親の趣味の一つであるゴルフのアイテム。
「ボールマーカー」のレシピをご紹介します。


f0181217_16522332.jpgf0181217_16561267.jpg








まずは、銀粘土5gを1mm厚にのばし、台紙を押しつけてアウトラインの跡をつけます。
その跡に沿ってカットしましょう。


f0181217_173392.jpgf0181217_1732538.jpg








また、中心を先にくり抜き、アウトラインをカットしたパーツを2枚作ります。
この3つのパーツを乾燥させましょう。
パーツは乾燥後、貼り合わせます。


f0181217_1773679.jpgf0181217_1773336.jpg








中心の模様になる「S」も1mm厚でカットです!
また、上の写真の中心をくり抜いているパーツの1枚は、幅が2mm位になるように削り整えます。


f0181217_1713268.jpg全てのパーツを乾燥、整えた状態です。銀粘土14gを使用しています。
左から表、中、裏側のパーツです。
「S」のマークは型紙の参考になればと思います。
ちなみに父親のイニシャルですよ!034.gif




f0181217_1721984.jpgf0181217_17444865.jpg








全てのパーツをペーストタイプで貼り合わせ、
裏面には普段言えないようなメッセージを・・・012.gif


f0181217_1914738.jpgf0181217_19142586.jpg








焼成後、DeCoReパテ ジェットA材B材各0.5gを良く混ぜ合わせ、凹み部分に埋めていきます。
DeCoReビジューストーン ヘマタイト PP12を隙間なく埋めていきましょう。
最後に裏側の凹みにエポキシ系接着剤で磁石を接着し、完成です。


ここでアレンジ作品も紹介しておきます。
f0181217_19182386.jpgf0181217_1918582.jpg








DeCoReライトサファイアA材、B材各1.5gを良く混ぜ合わせ、1.5mm厚にのばします。
その上に台紙を重ね、中心にビジューストーン クリスタルPP24とライトサファイアPP24を並べていきます。
数字の「1」になっているのが分かりますでしょうか~?026.gif


f0181217_19205568.jpgf0181217_19211296.jpg








周りを囲むようにライトサファイアPP24を並べていきます。
そのまま中も密接するように埋めていき、小さな隙間はライトサファイアPP12、PP8で埋めていきましょう!
土台のDeCoReが見えなくなる位ピッタリ埋めてください。034.gif


f0181217_19241077.jpgf0181217_19243086.jpg








型紙に沿ってカッターでカットします。
またDeCoReホワイトA材、B材各1.5gを良く混ぜ、銀粘土の工程と同じように中心を抜いたパーツを作ります。
これは裏側のパーツになりますね!045.gif


f0181217_1928153.jpgf0181217_19284434.jpg








2つのパーツを貼り合わせます。
この時ライトサファイアのパーツは少し硬化している方が作業がやりやすいでしょう。
磁石を裏側の凹みに合わせ、まわりのパテを寄せるようにして完全に硬化したら完成です。


完成品はコチラ!!
f0181217_20102460.jpg

デコレの作品はどちらかというと女性向けでしょうか?
奥の作品はダイナスティスタンプを使用した作品です。034.gif

ちなみに私も最近ゴルフデビューを果たしたばかり!!
ショートコースデビューでパー30を64でまわりました。042.gif
次の目標は「旗つつみ」を見事決めることです!
(このネタが分かる方は私と同年齢?)


それではまた次回のブログで!!027.gif
[PR]

by artclayclub | 2012-05-25 20:45 | おすすめレシピ | Comments(0)

誕生石でペアリング!

こんにちは。
事務局スタッフの松下です。027.gif


突然ですが、みなさんご自分の誕生石って知っていますか?
誕生石の起源は色々あるようですが、旧約聖書の「出エジプト記」の説が有名みたいですね。


日本では1958年に全国宝石卸商協同組合が制定した誕生石というのがあり、
自分の誕生石を身に着ける事で、幸運や幸福が訪れるとされています。


婚約指輪にしたり、赤ちゃんにベビースプーンをプレゼントする際にも使われているようです。
ぜひ参考にしたいです。


そこで今回は、facebookの作品人気投票で第3位だった「誕生石」+第4位の「ペアリング」を組合せた、誕生石をあしらったリングのレシピをご紹介します!
大切な方へのギフトには、やっぱりバースデーストーンは鉄板だと思います。

f0181217_1073936.jpgf0181217_1081618.jpg






まずは腕の部分の制作です。
ひも状にのばした銀粘土を1.5mm厚にのばします。
のばす長さは、制作する号数によって違うので注意しましょう。
男性は7~10g、女性は5~7gの銀粘土で制作できると思います。
この位のボリュームのリングは完成サイズよりも3号UPで制作しましょう。034.gif

f0181217_10165126.jpgf0181217_10161536.jpg






木芯棒に巻きつけ、余分な銀粘土はカッターでカットします。
つなぎ目をなじませたら、反対側にスマート石枠φ3をしっかり埋めます。


f0181217_10323129.jpgここがちょっとしたポイントです。
銀粘土が柔らかいうちに石枠を埋めるので、石枠の内側に余分な銀粘土があるはずです。
そのまま焼成してしまうと天然石が入らなくなってしまうことがあるので、爪楊枝などで必ず余分な銀粘土を取っておきましょう!034.gif


f0181217_104651.jpgf0181217_10491581.jpg






f0181217_10495133.jpg耐水ペーパー#320で側面を平らに整えた後、スポンジ研磨材(赤)で全体をなめらかに整えます。
鉛筆で5mm位の間隔で目安の線を書きます。
中目ヤスリで角を落とすように削っていきましょう。042.gif
左の画像は全部削って、角を落とした状態です。

f0181217_10582263.jpgf0181217_10585512.jpg






焼成後、仕上げた後に石留めです。
ヤットコで両側から挟みこむように留めた後、石枠の爪の先端(アゴ先)を倒すようにしっかり留めましょう!034.gif
ヤットコ先端の片方にはシルバークロスを巻いて、リングの内側に傷をつけないように工夫しています。


完成品はコチラ!
f0181217_14312028.jpg
女性用のリングの方に、4月の誕生石の白水晶を使用しています。003.gif


そういえば私事で申し訳ないのですが、5月初めに結婚1周年を迎えました。
それでその日何をしていたかと言うと・・・だらだらしてたんですよ。家で。008.gif
やばいよなあ・・・。愛想つかされるかなあ・・・。


・・・今回制作したリング、その(結婚記念日の)ために一所懸命作りましたって顔して渡してしまおうかな!!026.gif
(・・・ばれないよね?)


それではまた、次回のブログで!
[PR]

by artclayclub | 2012-05-18 14:52 | おすすめレシピ | Comments(2)

金環日食ペンダント

こんにちは。
事務局スタッフの松下です。


さあ、いよいよ5/21(月)の朝7:32から、金環日食が見られます。


金環日食が日本国内で観測できるのは、1987年9月23日の沖縄金環日食以来25年ぶり。
そして東京で見られるのは、なんと1839年9月7日以来、実に173年ぶりなんだそうです!


「宇宙兄弟」の実写映画化もあってか、今年はまさに天文観測ブームといったところでしょうか。


日食の時間は朝7:32から「5分4秒間」。
本当に今からわくわくします。


そ・こ・で、
今回はそんな時流に乗っからせていただきまして、
金環日食をモチーフにペンダントを制作しました。
(やると思いました?)


材料は、
アートクレイシルバー14g、
アートクレイシルバーペーストタイプ 適量、
アートクレイゴールドペースト
適量です。034.gif


f0181217_1651496.jpgまずは銀粘土をのばしてプレート状にし、円形にカットします。
大が1.5mm厚、小が1mm厚です。
写真のように銀粘土が柔らかいうちに重ねます。
重ねる時は表面を少し湿らせます。
001.gif




f0181217_16565487.jpg乾燥後に鉛筆で下書きします。
下書きに沿って中目ヤスリで削り、細かい部分はカッターでカットしましょう。








f0181217_16582757.jpg削り終わったらスポンジ研磨材(赤)で表面をなめらかに整えます。
外側に向かって薄くしています。この方が雰囲気が良くなると思います。027.gif






f0181217_1659935.jpg爪楊枝を使って、ペーストタイプで模様を描きます。
外側に向かって燃え上がる炎をイメージ!
そんな熱い心で作業していただければと・・・。022.gif






f0181217_16595693.jpg乾燥→焼成後は、ゴールドペーストをフレア部分に塗布し、再焼成です。
ゴールドペーストは焼成後、白い梨地状態の時に塗布しましょう。
写真がその状態です。






完成品はコチラ!

f0181217_1732183.jpg
単純な構造ながら、太陽を思わせるデティール!027.gif


ぜひ、今から制作して、5/21に向けて観測の気分を盛り上げませんか?
なんと言っても173年ぶりですから・・・。


当日は、皆さん金環日食を観測してから(しながら?)登校、出社するんですよねー。
ちなみに次回は、18年後の2030年6月1日に北海道で見られるそうです。
18年後…その時私はごじゅう・・・


うん、考えるのはやめよう!026.gif


それではまた次回のブログで!
[PR]

by artclayclub | 2012-05-15 20:40 | おすすめレシピ | Comments(0)

ハナビでゴージャスリングを制作しよう!

こんにちは。
事務局スタッフの松下です。

本日2本目のブログです。027.gif

只今「ストーンフェア」でご紹介している合成石、実は石枠に合わないサイズをご紹介しています。

今回ご紹介している合成石はブラックを除いて全て焼成できるものばかりです!

今回はそんな合成石を使用して、同時焼成で作るゴージャスなリングのレシピをご紹介します。


f0181217_135381.jpgf0181217_1352337.jpg







まずは銀粘土約1gを1mm程度の太さのひも状にのばします。
それを2本作り、合成石の裏側で交差させて重ねます
この時、ひも状リングを制作し、一緒に乾燥させましょう。
ちなみに今回のレシピで使用しているのは「合成石ホワイト ハナビカットφ6」です。
大き目のサイズに繊細な放射状のカッティングが特徴的な石です。
003.gif


f0181217_1393471.jpgf0181217_1393047.jpg







リングのつなぎ目部分をカッターでカットし、合成石のパーツと繋がるように形を整えます。


f0181217_13193097.jpgf0181217_13201847.jpg







接着面にシリンジタイプ(またはペーストタイプ)をたっぷり付け、接着します。
はみ出した銀粘土はまわりになじませましょう。


f0181217_13272918.jpgf0181217_13281928.jpg







リングの腕とトップのパーツとの間に隙間がある場合は、シリンジタイプで埋めてください。
さらにカッターで合成石に被っている銀粘土をカットし、爪のように形を整えます。
当然最後はスポンジ研磨材(赤)で整えてから焼成です!


完成品はコチラ!
f0181217_1542256.jpg

合成石を大胆にあしらうことにより、まるで婚約指輪のようなゴージャスリングの完成です。027.gif

でも実はこの作品、「合成石を綺麗に魅せる」最も良い方法をとっています。

なぜなら、合成石(天然石)は「まわりに光を遮断するものがない状態が最も美しい」からです!034.gif

・・・しかしこの作品をダイヤモンドで作ったらいくら位するんだろう?

まぁ、今の私では無理な話ですかね。008.gif

それではまた次回のブログで!027.gif
[PR]

by artclayclub | 2012-05-11 18:42 | おすすめレシピ | Comments(0)

スマホピアスを作ろう2!

こんにちは!
事務局スタッフの松下です。027.gif

最近ニュースを見ていると、携帯業界は完全にスマートフォンにシフトチェンジしていくようですね。

最新機種はスマートフォンになっているし、年末には7~8割の方がスマートフォンを持つようになるそうです。005.gif

そこで今回は
Face Book人気投票第1位のスマホピアスのレシピをご紹介します。

先週も日本ホビーショーの体験会で行ったアイテムのレシピをご紹介しましたが、今回は応用編の第2弾です!027.gif


f0181217_10502724.jpgf0181217_10505031.jpg







まずは土台制作です。
おゆまるで、直径が約12mmの半球状の土台を作ります。
おゆまるが固くなったら約2gの銀粘土まるくまとめ、土台に沿わせるように押し当て、皿の形を作ります。

ドライヤーの冷風で形が変わらない程度に乾燥して、土台から外して完全乾燥させます。
おゆまるは熱で柔らかくなりますから、温風では乾燥させないでくださいね!008.gif

f0181217_10582791.jpgf0181217_1059938.jpg







乾燥後に中目ヤスリで形を整えます、縁の所はギザギザに削ってください。026.gif
その後、ピアス軸を付ける部分にφ1.5の穴を開けます。


f0181217_11145699.jpgf0181217_11151130.jpg







焼成後、おゆまるで土台を囲み、スパチュラで内側の形を整えます。
(中に入っているのが焼成品です)

おゆまるが固くなったら、UV樹脂を少し入れます。009.gif
気泡が入っても気にせず進めてください。


f0181217_11475517.jpgf0181217_11475472.jpg







ここでメタルパーツの登場です!
使用しているのはメタルパーツ「ハート」です。
あとはDeCoReビジューストーン ローズPP8×1・PP12×1、ライトローズPP8×2・PP12×2です。
ビジュストーンをUV樹脂に2~3個入れて硬化させます。


f0181217_11561749.jpgf0181217_11563899.jpg







硬化させたUV樹脂の表面に、ピンバイスφ1mmで少し穴を開け、さらにカッターで切り込みを入れます。
この後入れる、メタルパーツを立たせるための工夫です!027.gif


f0181217_1214154.jpgf0181217_1222422.jpg







切り込みを入れた部分にUV樹脂を少量入れ、メタルパーツを刺します。
そうしたらすぐさま硬化!021.gif
メタルパーツを立たせることで、UV樹脂の中でメタルパーツがひらひらと舞っているような仕上がりになります。027.gif


f0181217_1265769.jpgf0181217_127243.jpg







何度か積層を繰り返し、1cm位の高さになったらおゆまるを外します。
中目ヤスリで形を削り整え、スポンジ研磨材(赤)で表面を滑らかにします。
最後にUV樹脂を薄く塗って硬化させれば完成です。


完成品はコチラ!
f0181217_1561414.jpg

タマゴ風な形にキラキラとメタルパーツとビジューストーンが輝きます!003.gif

ちなみに拡大画像はこんな感じです。
f0181217_1565861.jpg

しかし、普及率は上がっているとはいえ、年代によってはまだまだスマートフォンを頑なに拒む人がいるのも確か・・・。
私の身近にもいらっしゃいます。017.gif

それではまた次回のブログで!!027.gif
[PR]

by artclayclub | 2012-05-11 18:21 | おすすめレシピ | Comments(0)

まめまめしく生きる!?

こんにちは!
事務局スタッフの松下です。027.gif

2作品を1回のブログで紹介するのは長いので、今回は2回に分けてご紹介します。

フェイスブック人気投票第2位とはいえ、侮れない人気を誇ったまめまめペンダント!

はじまりはスタッフの「日本人ってダジャレが好きだから、まめまめしく生きるって意味を込めて、豆のペンダントとか面白くないですか~?」との一言!

そんなOYAJIGAGな理由で制作した作品が、ホビーショー内では「可愛い!」との声が!!042.gif


そんなまめまめペンダントのレシピをご紹介します!


f0181217_19214191.jpgf0181217_1922272.jpg









まずは銀粘土5gを俵型にまとめ、磨きヘラの柄の部分を押しつけて、形を整えます。


f0181217_19224230.jpgf0181217_192362.jpg









差し丸カンの差し込み部分に少量のシリンジをつけ、そのまま差し込みます。
はみ出したシリンジは水をつけた細筆でまわりとなじませましょう。


f0181217_19234446.jpgf0181217_19242270.jpg










乾燥後、スポンジ研磨材(赤)で表面をなめらかにします。
文字を彫る場合はこの時を逃してはいけません!005.gif
下書きをしたら、ウェットティッシュで表面を抑えるようにして湿らせます。
その後ニードルで文字を彫りましょう。
少し乾燥させてから、スポンジ研磨材(赤)で整えます。
決して表面が湿った状態でスポンジ研磨材をかけないように!
逆に文字が潰れてしまいますからね!


f0181217_192524.jpgf0181217_19252139.jpg









焼成後はお好みに仕上げて、丸カンでチェーンとつなげて完成です。


完成品はコチラ!
f0181217_19253372.jpg



スマホピアスの制作方法はコチラを見てくださいね!


それではまた次回のブログで!
[PR]

by artclayclub | 2012-05-02 21:40 | おすすめレシピ | Comments(0)

スマホピアスを作ろう!

こんにちは!
事務局スタッフの松下です。027.gif

先週末行われたホビーショーは過去最高の来場者だったそうです!

そんな中、アートクレイのブースに遊びに来ていただいた方、本当にありがとうございます!003.gif

今回の体験会はフェイスブックの投票で人気上位だった「スマホピアス」と「まめまめペンダント」!
特にスマホピアスは、はじめての試みでした。

ホビーショーの前日までは「大丈夫かな~…008.gif」って心配でしたが、始まってみれば大盛況の体験会!


今回はそんなホビーショーで大反響だった体験会のレシピをご紹介!027.gif
スマホピアスは一番人気だったリンゴの作り方をご紹介します。

スマホピアスを作るには表・裏用の2枚の型が必要です。
そこで、まずは型を取る為の原型の準備です。
リンゴはプチモールドと自作のブルーミックス型を用意します。


f0181217_18523820.jpgf0181217_18525482.jpg










ブルーミックスで型を取る為の、裏面用の原型作りです。
リンゴの葉っぱの部分が反転しているので、プチモールドで型取った銀粘土を少し細工します。
銀粘土が柔らかいうちに型から取り外し、葉っぱの部分をカットします。
そして茎の傾きを反対側に倒してから乾燥です!
…伝わってます?034.gif
写真の右と左で茎の傾きが違いますよね!
乾燥後、焼成せずにブルーミックスで型を取ってください。
あっ!型を取る前に乾燥品にインクララックスプレーを吹き付けておくと型取りしやすくなりますよ。027.gif


f0181217_18544145.jpgf0181217_1855286.jpg









丸めた銀粘土2.5gをプチモールド(リンゴ)に押し込みます。中心をスパチュラで凹まし、余分な銀粘土はすり切ります。ブルーミックス型も同様です。
あまり凹ましすぎて、薄くならないように注意しましょう。
あと、型の内側に少量のオイル(食用油)を塗るのを忘れずに!034.gif


f0181217_18554352.jpgf0181217_18561263.jpg









シリンジタイプを接着面に押し出します。
ブルーミックスから取り外した銀粘土をその上に重ねましょう。


f0181217_1857155.jpgf0181217_1857413.jpg









そのままプチモールドからも銀粘土を取り外し、つなぎ目をなじませます。
隙間がある場合は、2~3分乾燥してから、シリンジタイプで隙間を埋め、完全乾燥させます。


f0181217_1901782.jpgf0181217_1901929.jpg









乾燥後、つなぎ目を中目ヤスリでなじませ、スポンジ研磨材(赤)で表面をなめらかに整えます。


f0181217_1905185.jpgf0181217_191942.jpg









体験会ではスワロフスキージルコニアφ3を、乾燥後にドリルで穴を開けて埋めています。
あとは軸を差す部分にドリル刃φ1.5で穴を開け焼成します。


f0181217_1914997.jpgf0181217_1921081.jpg










スマホピアス軸のネジ部分をカットします。
ちょうどネジ部分の根元でカットすると良いですよ!034.gif
軸の金具の部分が出てきます。


f0181217_1924093.jpgf0181217_19315.jpg










この工程は必ず確認してください。
金具を強く引っ張ると外側のプラスチックが外れる場合があります。その時はエポキシ系接着剤でしっかり接着します。
外れない場合はそのまま作業してください。026.gif

f0181217_1932631.jpgf0181217_1965036.jpg









最後に仕上げた作品とスマホピアス軸を接着して完成です。


完成品はこちら!027.gif
f0181217_19123662.jpg

ハートとリンゴのスマホピアスを製作しました。
今回の型を使用した制作方法は、量産する時や体験会に便利ですよ。

まめまめペンダントの制作方法はこちらのブログを見てくださいね!

それではまた次回のブログで!027.gif
[PR]

by artclayclub | 2012-05-02 21:31 | Comments(0)