<   2011年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

こんにちは。
アートクレイ倶楽部事務局です。


ご案内中のキャンペーン、
『2011 秋キャンペーン』より大人気のスタンプシート072.gif
たくさんのご注文をいただき、誠にありがとうございます!
ご好評につき、再入荷いたしましたので、お求めの方はお早めに!!


既に、ブログでもご紹介させていただきましたが、
UVボックスを使ってあっという間にオリジナルのスタンプができる画期的な教材なんですよ!
お手元に届いた皆様はどんな使い方をされる予定ですか??


前回のブログでは、OHPフィルムに手描きのイラストを油性ペンで
描いてスタンプを作りましたが、実は…

手描きが苦手な方には、
アートクレイオリジナルステンシルシートでも
スタンプを作ることができちゃいます012.gif!!


作り方は、イラストでの制作とほとんど一緒。
スタンプシートの表面のシートを1枚剥がして、
その面にアートクレイオリジナルステンシルシートを
貼り付けて硬化するだけ!!
【注意】スタンプシートを使う時は、
必ず部屋のカーテンを閉めスタンプシートに光が当たらないようにしてくださいね!


f0181217_17415138.jpg












硬化しなかった部分は、
水で洗い流して再度硬化!!
f0181217_1743162.jpg












詳しい作り方は前回のブログをご覧ください!

ステンシルシートを直接、銀粘土に貼ってサンドブラストしなくても
くっきりと0.8mm位の凹みを作ることができます037.gif
f0181217_1757442.jpg












イラストを描くのが苦手な方は、
身の回りのもので使えるものはないか探してみるのも面白いですよ060.gif


探すポイントは、光を通す部分としっかり遮断する部分があるかどうか!
黒い紙で切り絵とかでもできるかも…??

その答えはぜひお試しください!!
[PR]
by artclayclub | 2011-09-30 18:44 | 事務局より | Comments(0)
こんにちは。
アートクレイ倶楽部事務局です。


さてさて、キャンペーンやセミナーと盛りだくさんご案内させていただいておりますが、
こちらも只今ご予約承り期間となっておりますのでお忘れなく!!
f0181217_11265075.jpg



年に1回だけ発行される貴重なレシピ集!
レシピ通信Vol.9です040.gif

レシピ通信は、銀粘土の基本情報はもちろん、
応用テクニックや裏技まで絶対知っておきたい情報が満載の1冊です!!

毎回テーマを変えてご案内しているレシピ通信も今回で、9冊目056.gif

より会員の皆様が求めているものをご案内できるようにと
今回はメルマガにてアンケートを取り、お声が多かった“過去のセミナー作品”の特集になりました!

セミナー作品の中でも、
今や海外の銀粘土愛好家の皆様も大注目の『純銀線編み』と、
コンテスト作品や販売作品としても人気の高い『螺鈿細工』をピックアップ!!


『純銀線編み』は、細い絹糸や綿糸を編んで織り上げた「組紐」と呼ばれる技法を応用したもので、
帯締やストラップの根付けなんかにも使われている日本の伝統的な技法です!

海外の方々が注目するのも納得ですよね016.gif
日本の古き良き伝統の技をマスターして、
創作活動に活かしてみてはいかがでしょうか?



そして、もうひとつご紹介するのが『螺鈿細工』。
こちらも伝統工芸に用いられる装飾技法のひとつで、
ジュエリーを制作する上で、必ず習得しておきたい技法です。

通常の『螺鈿細工』というと…
漆塗りを施したり、貝片をはめ込んだり、ツヤが出るまで磨いたりと
様々な工程を経てようやく完成する、熟練の技が必要なものなのですが、
レシピ通信Vol.9でご紹介するのは、
アートクレイ倶楽部会員の皆様ならどなたでも作れる技法です。

定番技法だから故に、絶対外せないレシピ集ですよ~!!!!!


お申込みは、10月11日(火)午後6:00までとなっておりますのでお忘れなく072.gif
[PR]
by artclayclub | 2011-09-29 15:48 | 事務局より | Comments(1)
ピンクリボン…女性の皆さんは特に聞き覚えがあるのではないでしょうか…??

そう、本日9/28(水)~10/4(火)まで、

小田急百貨店 新宿店本館2階サンドリーズ・アレー[スイングスペース]にて

『ピンクリボン・純銀ジュエリーフェア』を開催中なのです!



f0181217_1725036.jpg




これはNPO法人純銀アート協会が行っている

【NPO法人純銀アート協会のピンクリボンアクション2011】の一つ。

昨年に引き続き今年も参加となりました。

なんと日によってはピンクリボン一色に染まる新宿西口付近に

純銀アート協会のメンバーが桃色のポロシャツ姿(?)で出没することも?

桃色のポロシャツをご覧になりたい方は

9/30(金)15時~17時に新宿・都庁都民広場にこっそりお集まりください…。

いや、こっそりでなくていいです。

よろしければ桃色のポロシャツをご持参で…。





それはさておき、初日の今日は…



純銀アート協会メンバーであり、本日の看板娘!亀ヶ森さん、矢作さんがお出迎え~!
f0181217_1640845.jpg







純銀アート協会メンバーが心を込めて作った作品がずら~り。
f0181217_16411727.jpg







昨年人気だったピンクリボンモチーフのチャームは、
アートクレイシルバーの土台にUV樹脂でカラフルに仕上げています。
f0181217_16431659.jpg







ちょっと個性的でオシャレなデザインも☆
f0181217_16445559.jpg







リボンデザイン以外がお好みの方には、イニシャル入りのかわいいチャームも。
f0181217_16464332.jpg





どの作品も「すべての女性が健康で美しく輝けるように…」と願いを込めて、

作家が一点一点手作りをしています。

一つとして同じものがなく、

どれを見てもそれぞれ個性があって愛らしいのはやっぱり銀粘土だからこそ。




そして、ここでご購入いただいた作品の売上金の一部を

NPO法人乳房健康研究会に寄付いたします。

10月は様々なところでピンクリボン運動が開催される『ピンクリボン月間』です。

一年に一度この時期に、いつも忘れがちな体のことを少しだけ考えてみませんか?




純銀アート協会の『ピンクリボンアクション2011』は10/4(火)までです。

イベントの詳しい情報はこちらからどうぞ!⇒ |ω・`)ノ

期間中、気まぐれにレポートいたしますので引き続きご期待ください!

えびはらでした001.gif
[PR]
by artclayclub | 2011-09-28 16:47 | イベント | Comments(0)
こんにちは、海老原です。


JJDA…ん?ハテナ?と思われた方もいらっしゃいますよね。

JJDAとは、Japan Jewellery Designers Associationの略で、

『社団法人日本ジュウリーデザイナー協会』のことです。

では一体どんなことをしている協会なの…?とお思いですよね。

JJDAさんの公式ホームページによると…


JJDAは、国内に於けるジュエリーの需要が増加し始めた1964年に、 造形表現の新しいジャンルの確立と、ジュエリーアートが正しく評価されることを願って創立されました。1988年に経済産業省を主務官庁とする社団法人として新たにスタートを切り、一貫してジュエリーデザインのジャンルの発展を通して産業・文化に寄与することを目的に設立されました。

(中略)

JJDAは、将来に向かい完成度が高い新しい造形美としてのジュエリーデザインを追求するという創設の意志を継続しながら、 ジュエリーをとおして人々の心や暮らしを一層豊かにし、生活文化の充実と経済の発展に貢献すべく活動してゆきたいと思っています。



と。

ふむふむ。

なるほど。                              


(詳しくはこちらから⇒ (*´ェ`*)ノ )



様々な活動をされているJJDAですが、

中でも2年に一度開催される日本ジュエリーアート展が有名ですよね。

実はアートクレイの会員さんの中にも入選・入賞をされている方が大勢いらっしゃいます。

またJJDAでは大変興味深いセミナーを数多く開催しており、実はJJDAの会員以外の方にも

ご参加いただけるものがたくさんあるのです!


今日はそんなセミナーの中から、これはアートクレイ倶楽部の会員の皆さまにもぴったり?!

というセミナーを見つけましたのでご紹介いたします!


******************************************************************************************************
JJDA講座2011
世界のジュエリーアーティスト
「ジュエリーの世界は広くて深い!」



f0181217_18183359.jpgf0181217_18184528.jpg
f0181217_1818596.jpgf0181217_1819619.jpg







長年、海外の作家と交流し、豊富な作品をコレクションされている水野孝彦氏を講師に招き、世界のコンテンポラリージュエリー作家の優れた作品を、スライドを見ながら解説していただくとともに、作家やデザイナーが世界にはばたくための必要条件、ジュエリーの未来展望についてお話しいただく講座を開催いたします。
コンテンポラリージュエリーが生まれた背景や、芸術・社会情勢・ライフスタイルとの関連性、宝飾品からの影響についても、体系的に知る貴重な機会です。


日 時/平成23年11月26日 (土) 14:00 ~ 16:00
場 所/東京国際フォーラム G405会議室
講 師/水野孝彦氏 (専門学校ヒコ・みづのジュエリーカレッジ理事長)
受講料/一般 3,000円 学生 1,000円 JJDA会員 2,000円
定 員/60名
申込方法/申込書をダウンロードしてお申込み下さい
主催・申込先/(社)日本ジュウリーデザイナー協会 sec@jjda.or.jp


(JJDA公式ホームページのお知らせはこちらから⇒ (*´ェ`*)ノ )




******************************************************************************************************


これからジュエリーデザインをする上で、必要なヒントが見つかりそうなセミナーですよね。

こういったセミナーやイベントがきっかけになり、アートクレイシルバーだからこそできる自由で豊か

な表現を、もっともっと多くの方に、世界中の方に知っていただけたら嬉しいです。



アートクレイ倶楽部としても、アートクレイシルバーをこよなく愛する故に、

この素材を通して日本発信の新しいジュエリーが発信されることを願ってやみません。


ぜひ多くの方にご参加いただけましたら幸いです。
[PR]
by artclayclub | 2011-09-28 12:00 | 事務局より | Comments(0)
こんにちは。
アートクレイ倶楽部事務局です。

急に肌寒くなってきました。皆さま、お風邪などひかれていませんか?

さて、今回は2011秋のキャンペーン、おすすめ教材のご紹介です♪


まず、はじめは「アートクレイ オリジナルシリコンモールド」の
和柄モールド

5月に開催された日本ホビーショー会場で特別販売したところ
大好評だった和柄モールドです。

F-647【雲巴】とF-646【鍔】。
f0181217_1440282.jpgf0181217_14185199.jpg








半透明なモールドに銀粘土を詰めて裏側から見ると、
しっかり詰まっているかどうかを確認することができます。
f0181217_14191881.jpg


組みひもと合わせて和風のアクセサリーにしても素敵053.gif
デザインの幅が広がりそうですね001.gif
f0181217_11445861.jpg





    048.gif    048.gif    048.gif 


さて、もうひとつご紹介したいのは、ディズニーのクリアスタンプシリーズ

「クリアスタンプ」というのは、透明な、弾力性のある樹脂でできたスタンプ。
シールのように薄いのですが、アクリル製のものにぴったりとひっつく
性質を持っています。

from U.S.Aでご紹介している「クイックアート・スタンプ」と同じような使い方が
できます。
f0181217_1145388.jpg

アクリルにぴったりとくっつく性質があるのです。
もちろん、何度でもはがしたりつけたりすることができます!F-777、F-778のラウンドスタンパーに取り付けると
こんな感じ。(F-766ディズニークリアスタンプNO.4を使用)
f0181217_11312710.jpg

透明なので、粘土に押し付けるのが簡単!
くっきりと柄を写せました。
f0181217_11363991.jpg



周りをカットするときに便利なのはコレ!
F-774、F-775、F-776のクイックアートカットツール。
f0181217_1221399.jpg

持ちやすい取っ手に、細い針がついているので、曲線も思いのまま!
きれいにカットできます。


周りを切り抜いて仕上げ、チェーンを取り付けてブレスレットにしてみました。
f0181217_1145716.jpg

みなさんもアイディアでいろいろ楽しんでみてくださーい060.gif
[PR]
by artclayclub | 2011-09-26 16:35 | 事務局より | Comments(0)
こんにちは。
アートクレイ倶楽部事務局です。


引続き、2011秋キャンペーンのおすすめ教材のご紹介です!!

今回は、デザインバチカンの使い方を少しご紹介したいと思います。



ご紹介するのはこちらの3種類です。
   ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
左K-275、中央K-276、右K-279
f0181217_104492.jpgf0181217_104199.jpgf0181217_1123250.jpg







今回ご紹介しているデザインバチカンは、
もちろんアートクレイシルバーと組み合わせて使っていただいても良いのですが
メッキ加工しているものですので、
アートクレイシルバーとの同時焼成はできませんのでご注意ください028.gif!!



使い方としては…
f0181217_1181632.jpg













f0181217_1183011.jpg


こんな感じで、バチカンの先端に付いている丸カンにTピンでヴェネツィアンビーズを繋げたり、









f0181217_11103974.jpg

















f0181217_11105832.jpg







バチカンの隙間に丸カンを通して、定番のデザイン石枠と繋げたりしてお使いください016.gif





そして、K-278 バチカンNo.11とK-279 バチカンNo.12は、
バチカンの機能+少し大きめの装飾が施されていますので…
f0181217_11122010.jpg



こんな感じで、中心の芯(棒)にビーズやパールを通して使います!

両穴の場合は、付属の“穴ふさぎパーツ”を使って穴をふさぐことができます。



ぜひ、同時にご紹介している

ヴェネツィアンビーズと組み合わせてお使いくださいませ060.gif
[PR]
by artclayclub | 2011-09-22 17:12 | 事務局より | Comments(0)
f0181217_16401781.jpgさて、「海外で発見!楽しくアートクレイライフ」
秋のキャンペーンからご紹介。

今回は“from Italy”の教材、ヴェネツィアンビーズで作る
簡単ジュエリーレシピのご紹介です。

ヴェネツィアン・ビーズでジュエリーを作る、というと
なんだかとても難しそう。

but!ビーズ1つだけでも存在感があり、シンプルでも
簡単に素敵なジュエリーができるんです!
ぜひ挑戦してみてくださいね019.gif


ヴェネツィアンビーズのペンダント
用意するもの:ヴェネツィアンビーズ(ここではB-075フラットピアットパープルを使用)
         アークレイシルバー650粘土タイプ約3g、シリンジタイプ、ペーストタイプ 各少量
         純銀丸線φ0.6 少量、丸カン(小)1個、チェーン


f0181217_16422453.jpg
ヴェネツィアンビーズに付属のTピンを通し、先を両丸プライヤーで丸めます。








f0181217_16424364.jpg
純銀丸線φ0.6の端5mmを残し、竹串などに10回ほど巻きつけ、
もう片方の端も5mm残してカットし、両方を両丸プライヤーで丸めます。







f0181217_1702964.jpg
両端をひっぱって広げ、全体を軽く曲げ・・・、







f0181217_16432670.jpg
シリンジタイプで線を描き、乾燥させます。









f0181217_16433645.jpg線と線の接点をペーストタイプで埋め、乾燥、焼成します。










f0181217_16434783.jpg
粘土タイプ3gを4等分し、1個ずつ丸めて平らにつぶし・・・、










f0181217_1643588.jpg
ストローで中心に穴を
開けます。
乾燥し、スポンジ研磨材(赤)で整え、焼成します。







f0181217_1644617.jpg
焼成後磨いたら、チェーンにつないで完成001.gif











ヴェネツィアンビーズのチェーンリング
用意するもの:ヴェネツィアンビーズ(ここではB-048横穴ハートピッコロWGルビーを使用)
         純銀丸線φ0.8 約2.5cm、丸カン(極小)2個、チェーン(喜平52cm)

f0181217_17141263.jpg純銀丸線φ0.8をヴェネツィアンビーズの長さ+1cmにカットします。










f0181217_17143232.jpg両丸プライヤーで片方の端を丸めてビーズに通し、もう片方の端も同様に丸めます。









f0181217_17142383.jpgそこでポイントなのが、丸める前に一度、純銀丸線をヤットコで直角に曲げること!

こうすることで、きれいな丸をつくることができます。







f0181217_17145261.jpg指のサイズに合わせてチェーンをカットし、丸カン極小をつないで完成001.gif












ヴェネツィアンビーズのリング
用意するもの:ヴェネツィアンビーズ(ここではB-063スキッサブラックを使用)
         アークレイシルバー650粘土タイプ約3g、
         純銀丸線φ0.8 約3cm、差し丸カン(小)2個、丸カン(極小)4個

純銀丸線φ0.8をヴェネツィアンビーズの長さ+1cmにカットし、ビーズに通して両丸プライヤーで両端を丸めます。
2.5g程度の銀粘土で3号大きめのサイズのリングを作り、乾燥させます。


f0181217_17212960.jpg







残りの粘土を半分にして、角ができるようにつけ、差し丸カン(小)を差します


f0181217_17215085.jpg















f0181217_17211694.jpg2つ目は、さきほど作った純銀丸線の長さより少し長い位置に角をつくり、同様に差し丸カンを差します。

中目ヤスリとスポンジ研磨材(赤)で整え、焼成。全体をしっかり磨きます。






f0181217_1723382.jpgできあがったら、ビーズを丸カン(極小)でつないで完成001.gif













今回ご紹介しているヴェネツィアン・ビーズは約30種類!

それぞれが個性的で美しい、手作りの逸品です。
ぜひ使ってみてくださいね001.gif
[PR]
by artclayclub | 2011-09-21 17:35 | おすすめレシピ | Comments(0)
こんにちは。
アートクレイ倶楽部事務局の押見です。


f0181217_15343070.jpg
←こちらのチラシが届いている、
シルバーオーバーレイ技能認定者の皆様。
長らくお待たせしてしまいました040.gif
年に1回!スキルアップセミナーのご案内です!!

既に、セミナーの開発秘話をチラッとブログでご紹介させていただきましたが、ついにセミナーの作品が明らかにっっっっっ!!!!

セミナーで作るのは、手前のライトブルーの作品060.gif

講師 戸田先生らしい、カラフルな色使いと、対照的なシンプルでさり気ないシルバーの使い方が魅力のセミナーです056.gif



しか~し、今回のセミナーでは戸田先生デザインの
“4種の転写紙”が教材セットにすべて入っているので、
ただ全く同じものを作るわけではありません!
転写紙をどんな組み合わせにするかはあなた次第!!

もちろん戸田先生がおすすめする組み合わせで作るのもOKですが、
自分のセンスを生かしてMy Jewelryを作るのも、
このセミナーの楽しみ方のひとつです060.gif


セミナーでは、教材セットに組まれている
ハート型ライトブルーの磁器を使いますが、
会場販売教材には、色違いのハートがズラッと並びます!

チラシ後ろの作品のように“黒のハート”や左下の“ピンク”で作りたいっ!
いやいややっぱり定番の“白磁”でしょ!!!
という方は、別売のハートのカラー磁器を使っていただいてもOKです!


さらに、違う形のカラー磁器も会場ではご用意しております。
f0181217_16143382.jpg













f0181217_161455100.jpg













f0181217_1615949.jpg













f0181217_16153047.jpg















こちらはすべてアートクレイ完全オリジナルの磁器です056.gif
セミナー会場にてご購入いただけますので、お楽しみに!



そして、気になるのが転写紙4種類。
今回のオリジナルカラー磁器に合わせて、
戸田先生がすべてデザインを考えてくださいました!

レース調の近代的なデザインから、
ロイヤルコペンハーゲンのような古典的なリーフデザインまで、
楽しむことのできる転写紙です。

転写紙の詳細は会場でのお楽しみです!!
f0181217_16265325.jpg





















ご参加お待ちしております!
[PR]
by artclayclub | 2011-09-16 13:06 | セミナー | Comments(0)
残暑きびしいこの頃…皆さまいかがお過ごしでしょうか??

むし暑いこの時期に、毎年恒例でお手伝いをさせていただいているお仕事があります。

f0181217_1415355.jpg

東京・代々木にある『文化学園大学』さん(旧 文化女子大学さん)。

毎年、こちらの金工研究室からお話をいただき

40~50名ほどの講座を担当させていただいております。

今年のコラボレーション講座は、「展覧会応募のためのジュエリー制作」ということで

「絆」をテーマにネックレスまたはペンダントヘッドを作るのですが、

な、な、な、なんと…!























アートクレイシルバー50g

f0181217_14474832.jpg

                          \どどーん!/
                             



















を使って大作を作っていただきました!

学生にとって50gはなかなかの材料費です…先生。。。。。。

しかーし…

学生のほうが私たちより遥かに懐に余裕があるのか…(´;д;`)

アートクレイシルバーで自分の作品を思う存分作れることが嬉しいと言わんばかりに

迷わず手を動かし、さくさく作り上げてくれました!

f0181217_14315878.jpg

▲初めてとは思えない手さばきで…。


f0181217_1432113.jpg

▲手前にあるのは、前日に水粘土で作ったモックアップ。
銀粘土50g相当の体積分の水粘土でシュミレーションすることで
スケール感をつかむばかりか、作り方の手順を理解していきます。


f0181217_14322658.jpg

▲切り抜きもすんなりこなし、


f0181217_14324062.jpg

▲クッキングシートの一部を型紙にして切り抜きました。
合成石の留め方もマスターしちゃいます。


f0181217_14325269.jpg

▲完成したのは、今まさに食べられようとしている、あじの開き…!


f0181217_15134092.jpg

▲金工研究室の教授でおられる関根正文先生。
毎年いざというときには、先生自ら次々とロウ付けをしてくださいます。\きゃーきゃー!/



3日間連続のこの講座は、

▼1日目
外部から著名な方をお招きしデザインやジュエリーに関する講義を受け、
刺激を受けたところでデザインを決めます。
そしてそのテーマにそって水粘土でのモックアップ制作を行います。

▼2日目
前日に作ったモックアップを基にアートクレイシルバーで作品を作り上げます。
9:00~16:30の間に仕上げまで行います。

▼3日目
午前中に残りの仕上げと、プレゼンボードなどの制作を行います。
午後はいよいよ審査!
という充実の3日間なのです。




f0181217_15162592.jpg

出来立てほやほやの作品が並び、緊張の中審査会が行われました。






そして、名誉ある各賞に選ばれたのは…









f0181217_15183365.jpg

        ▲ALPHA INTELLIGENCE JAPAN賞



f0181217_15201595.jpg

        ▲gallery縁賞



f0181217_15204262.jpg

        ▲相田化学工業賞



f0181217_1521035.jpg

        ▲相田化学工業賞



f0181217_15211743.jpg

        ▲相田化学工業賞



の5作品でした!

おめでとうございます!


いかがですか??

初めて作ったとは思えない見事な完成度と、想像力の豊かさに目を見張るほどです。



このほかにも粒ぞろいの素晴らしい作品ばかり。

これらの作品は、

9/21(水)~/24(土)まで東京・恵比寿の『gallery縁』さんにて展示されます。

文化学園大学の学生が想いを込めて作り上げた作品を

多くの方にご覧いただけたらうれしいです。

お近くにお越しの際にはぜひぜひ、お立ち寄りください!



えびはらでしたっ!
[PR]
by artclayclub | 2011-09-15 16:00 | イベント | Comments(0)
ご覧いただけましたでしょうか?

2011秋キャンペーン!
WORLD CARNIVAL




前回に引き続き、今回もおすすめキャンペーン教材をピックアップしてご紹介します。

前回登場のアートクレイ倶楽部 海外担当の皆川が
ご紹介する“From USA“教材は、
すでに、「教材ご注文ページ」で動画を配信しています061.gif
各教材のご注文画面をお見逃しなく~!!!

動画は英語ですので手元に注目してご覧ください040.gif
工程は簡単ですので、画像だけでも十分な使い方が分かります。
テンプレートの使い方やスタンプの柄をじっくりご覧いただけます。

さて、話は変わり、今回はUVボックスを使ってオリジナルのスタンプが作れる
『スタンプシート』のご紹介です。
f0181217_1164957.jpg


紙面では伝えきれなかった、
オリジナルスタンプの作り方をお伝えします!!



まず、スタンプシートを使うと、
“オリジナルのスタンプが作れる”というのは紙面で
分かっていただけましたでしょうか008.gif??

では、どんな“オリジナル”ができるのか。

制作工程を追っていきながら、ご説明したいと思います。


工程は大きく分けると3ステップ。
1.スタンプにしたいイラストや文字を描いて原稿(ネガ)を作る!
2.UVボックスを使ってスタンプシートを硬化させる!
3.最後の仕上げ作業!!


ではでは、早速詳細を追っていきましょう!!

まずは、原稿(ネガ)作り☆

『スタンプシート』は、紫外線で硬化するシートなので、
硬化させる時に光を通すところと、遮断するところを作ることで、凸凹が作れます。
もちろん硬化は、同じみのこちらのUVボックス(R-167)を使います!
f0181217_1172815.jpg
(ちなみにUVボックスminiでも作れますので、ご安心ください!)








原稿(ネガ)は光を透過させるクリア(透明)なものに
光を完全に遮断する黒い部分を作ります。
OHPフィルムなどの透明なフィルムに、
黒の油性ペンでイラストや文字を描きます。
f0181217_1182658.jpg












この時注意したいのが、
黒の油性ペンでもインクが薄くなってしまっていると
光を通してしますので、インクがしっかり出る油性ペンを使うことです!
表からも裏からも、油性ペンで描いておくのも良いです。

さらに、光を通すところと通さないところを作れば良いので、
こんなシールを使ってもできます!
f0181217_13314981.jpg












原稿(ネガ)ができたら、いよいよ硬化の準備!


カーテンなどを閉め、部屋を暗くして、
原稿(ネガ)のサイズに合わせてスタンプシートをカット!
f0181217_1193190.jpg











原稿より少し大きめにカットしておいた方が、
後ほど銀粘土にスタンプした時に余白が大きく取れるので便利です。

余ったスタンプシートは、すぐにもとの袋の中にしまって、
しっかりチャックを閉めて保管してください。
紫外線で硬化するので、
日光を当ててしまうと硬化してしまうので注意です!
また、開封後は早めにお使いいただくことをおすすめします。


カットしたら、片面に付いている透明のフィルムを剥がします。
f0181217_11112311.jpg











透明のフィルムを剥がした面に、
原稿(ネガ)を裏返してのせ…
f0181217_11122280.jpg












いざ!UVボックスへ!!
f0181217_11163743.jpg












硬化時間は約1分。
(UVボックスminiをご使用の場合は、約2分)

長時間硬化させると、黒い部分も硬化してしまうので注意!

あっという間なので、あらかじめステンレスバットに水を入れて、
次の工程の準備をしておくと良いです!


UVボックスに入れ、約1分たったらすぐに取り出し、
水の中に浸します。
f0181217_11192510.jpg















すると、徐々に硬化していない部分の樹脂が流れでてきます!
歯ブラシで軽く擦り、硬化していない部分を落します。
f0181217_1121875.jpg













少し、白く樹脂が残るのがベスト!
全部落さないように注意しましょう!
また、長時間水に浸してしまうと全体的に
ふやけてくるので気をつけてください。


洗い流しが終わったら、
ドライヤーで水気を飛ばします。
ドライヤーの温風を約20~30cm離して当てます。
f0181217_11253368.jpg















最後に、もう一度UVボックスに入れ、約5分。
完全に硬化させます!

水分が飛んで、しっかり硬化するとベタベタしなくなり、
白かったシートが透明になります!



できたスタンプを早速、銀粘土にスタンプしてみると…
f0181217_11291358.jpg























こんな感じです♪
読書の秋に向けて“しおり”を作ってみました。


自分で描いたイラストが本当にそのままスタンプに!
f0181217_11322035.jpg














子供のイラストをそのままストラップにしたり、
自分だけのオリジナルのテクスチャーを作ったり、
手軽に楽しめて、使い方もいろいろ♪

ぜひ、一度お試しくださ~い016.gif
[PR]
by artclayclub | 2011-09-14 16:30 | おすすめレシピ | Comments(0)

アートクレイ倶楽部事務局より皆さんへメッセージ


by artclayclub
カレンダー