f0181217_1140850.jpg
こんにちは。アートクレイ倶楽部
事務局のにしのです。

先週、水曜日から開催中の
「第12回銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト」。






f0181217_13334580.jpg
梅雨空の中、連日たくさんの方にご来場いただいています!
ありがとうございます001.gif









f0181217_1225532.jpg6月22日に行われた授賞式典では
入賞作品が前面の大型スクリーンに映され、
入賞者を発表。



f0181217_12183745.jpg
グランプリ受賞の、オランダのMirjam Golverdingen-de Kockさんが
喜びをスピーチされました。

f0181217_11431516.jpg
そして、式典に続き、アートクレイ倶楽部交流パーティーが開催されました。


f0181217_13492821.jpg
賑わうパーティー会場で、サプライズ・ゲストが登場004.gif

昨年のバンクーバーオリンピック、スピードスケート男子500mで、
見事“銀メダル”を獲得され
日本中を感動させてくれた
長島圭一郎選手が“銀”つながりということで
ご来場くださったのです!









長島選手には、銀粘土で手作りされたスケート靴モチーフのペンダントを『ペア』で
プレゼントさせていただきました。

(長島選手、実は新婚さんなのですよ053.gif

f0181217_11404411.jpg

f0181217_13341737.jpg

それぞれに、お名前を彫り込み、オリジナル・ギフトボックス「オープンセサミ」に入れて
相田会長からお渡しいただきました。
そしたら、なんと005.gifすぐに取り出して、身につけてくださったのです。

 (「オープンセサミ」って、さっと取り出せて、そしてしまえる所が、本当に便利なんですよね。
 詳細は以前のブログをご覧ください037.gif




現在は2014年のソチオリンピックに向けて日々、練習に励んでいらっしゃるとのこと。

この「銀」のペンダントを身につけて、ぜひ「金」メダルを獲得してくださることを
期待しています!
[PR]
by artclayclub | 2011-06-27 14:21 | 事務局より | Comments(0)

ハロー。海外担当の皆川デース。
f0181217_200384.jpg


国立新美術館でアートクレイ倶楽部では初開催の
ミートザティーチャーズをご対応させて頂きました~。


梅雨の真夏日です~ごく×2お暑い中、お越し頂いた皆様、
またご対応頂いた中村ティーチャー、中山ティーチャー、平井ティーチャー、
本当に有難うございました040.gif



中村先生は時計のムーブメントをアクセサリーとオブジェにアレンジされた作品、
収縮を考慮したバングルの制作方法を中心に展示&ご説明。
f0181217_17302154.jpg











f0181217_17312078.jpg














中山先生はUV樹脂、フィリグリー、シリンジワークのコツを中心に展示&ご説明。
f0181217_17315191.jpg











f0181217_17331688.jpg










平井先生はウッド、金箔、サンドキャスト、テクスチャー、
共付け、天然石留めを中心に展示&ご説明をされていました。
f0181217_1733408.jpg











f0181217_1736233.jpg










先生の作品や実際に身に付けられている作品について、
参加者が自由に質問を投げかけ、先生が作品を手に取り、
デッサンやデモを交えてお答えになる。

また、その逆も然り。
etc.... なーんともエキサイティングな空間なのです。



初めての試みという事で、今回はこじんまりと開催させて頂きましたが、
お陰様で笑いの絶えない、和気あいあいの楽しいイベントとなりました。003.gif
f0181217_18235917.jpg















コンテスト作品展との同時開催イベントとはいえ、奈良や栃木からお越し頂いた方もいらしたり、
中には事前にご質問を準備されていた方もいらっしゃったり、
熱心にメモを取られている方など、皆様の笑顔を拝見でき、
主催者としてはニャンとも嬉しい限りでございました。037.gif


このミートザティーチャーというスタイル、
実は欧米のアートクレイカンファレンスでは定番に行われているもので、
何より先生との距離が近く、リラックスした雰囲気で説明を聞いたり、
質問ができるのが最大の魅力。

テクニック、デザイン、道具の使い方以外にも、指導の際のポイントや悩みなども話し合えるため、
セミナーとはまた一味違ったイベントなのです。

ご参加された方、惜しくもお越しになれなかった方、今後の為にもご意見ご感想ございましたら、
ぜひコメントお聞かせ下さい!

See you next time!




ご対応くださった、
中山悦子先生、平井拓也先生、中村るみ先生、本当にありがとうございました!

f0181217_1738643.jpg
[PR]
by artclayclub | 2011-06-24 20:13 | イベント | Comments(0)

こんにちは。
アートクレイ倶楽部事務局 にしのです。

今日は、第12回銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト作品展の搬入日でした。
f0181217_1495189.jpg


運営委員会、実行委員会の先生方のご協力をいただきながらの展示作業。
f0181217_1502426.jpg

グランプリ、準グランプリの作品がここに展示されれば、作業は終了!
f0181217_1504757.jpg


(あとは、会場で実際にご覧くださいませ006.gif



ところでアートクレイ倶楽部会員の皆さまに、楽しいイベントのお知らせです!
6月23日(木)に開催される
『ミート・ザ・ティーチャー 本部講師と会いましょう♪』

横文字で書かれるとわかりにくいですが ^ ^;)
海外のアートクレイ・カンファレンスで人気のコーナーなんです。

活躍中のアートクレイ講師の先生方を招いて、製作技法のことから。
日々の活動、銀粘土の楽しさをざっくばらんにおしゃべりしよう!という企画。

アートクレイ倶楽部全国セミナーや特別研究コースで
憧れの、あの先生と、気軽にお茶を飲みながらおしゃべりできるのです!

今回は、中村るみ先生、中山悦子先生、平井拓也先生が会場でお待ちしています。

専門的な技法はもちろんですが、
日々の制作について、教室活動についてなどなんでも質問OK!

(作品展帰りにお茶を飲みにきてくださるだけでも大歓迎♪)

「行ってみたいけど、なんか不安・・・・」という方は、
作品展会場で、グリーンの「アートクレイ倶楽部」の
ネームプレートのスタッフにお気軽にお声かけくださいませ♪

6月23日(木)10:30~12:00、13:00~16:00
国立新美術館 3F研修室C

詳細はこちらでご紹介↓
http://www.artclayclub.com/tokusetsu/contest2011-meet-t/

参加費無料、時間の制限もありませんので、ちょっとだけでも
のぞいてみてください。

先生方の素敵な新作が見られるかも!
アートクレイを通じた、楽しいひとときを、ぜひご一緒しましょうー(^o^)/
[PR]
by artclayclub | 2011-06-21 19:52 | 事務局より | Comments(0)

こんにちは。
アートクレイ倶楽部事務局の押見です。

久々に外出をしてまいりました!
行き先は…

会員の新保 美恵子先生の個展
「あ・り・が・と・う」です056.gif


新保先生が活動されてきた、
25年間分の作品が展示されている個展。
生徒さんとの展示会は何度も経験されている新保先生ですが、
個展はなんと初めてなんだそうです005.gif


そして「あ・り・が・と・う」のテーマには、
新保先生が創作活動をしてきた中で、
支えてくださった全ての方への
感謝の気持ちが込められています!




場所は、東京 京橋のギャラリーくぼた別館。
f0181217_9542068.jpg















東京駅からも近く、
初日の昨日は既にたくさんの方々がいらっしゃってました!!

ギャラリーは階段で上り下りしながらの搬入でとっても大変だったようですが、
とても広くて素敵なギャラリーでした。

その全てのフロアに様々なジャンルの作品がずらり!


見ごたえたっぷりの展示会です!!


まず、入ってすぐのフロアで目を引くのが、
繊細かつダイナミックなこちらの作品!!f0181217_1052312.jpg















そして、少し階段を下りると…
f0181217_10155878.jpg













ずらりと並ぶ、DECOクレイクラフト。
f0181217_10421478.jpg












制作された作品の数の多さに本当に驚きです!

そして、上にあがってみると、
ハガキに載っていたこちらの作品!
f0181217_1174083.jpg

















更に、娘さんの結婚式で使う予定のブーケまで手作り!
f0181217_10303581.jpg















七宝や樹脂粘土や銀粘土作品などなど…
f0181217_10343075.jpg













f0181217_1035073.jpg














感性を掻き立てられる個展で、
ひとつひとつじっくり拝見させていただきました!


新保先生が作られた作品の背景には、
常にご家族の方々やご友人の方々などへの想いがあり、
その想いは、作品を見ているだけで伝わってくるような気がしました053.gif

会場内は、たくさんの花に、たくさんの笑顔、
そして生徒さんやご友人などたくさんの方々の話声が絶えず、
楽しい時間が過ごせる場所でした056.gif



開催期間は6月19日(日)までです!
ぜひ、新保先生の世界をお楽しみください♪

会場へのアクセスはこちらをご確認ください☆
[PR]
by artclayclub | 2011-06-14 20:42 | イベント | Comments(0)

こんにちは。
アートクレイ倶楽部事務局の押見です。


6月になり、ジメジメとむし暑くなってきました…。
事務局では、節電モード全快!!
窓全開でなんとか頑張ってます042.gif

そんな中、
いよいよ今月末より開催される、
コンテスト作品展の準備が本格的に始動中です!


先日は会期中にお手伝いをいただく、
実行委員の皆様に向けて説明会を開催させていただきました。

当初は、なかなか集まらなかった人手も
会員の皆様のお声掛けのおかげで、昨年を上回りました016.gif
とっても楽しみです060.gif


会場での対応時には、ぜひアートクレイのアクセサリーを身につけて来てくださいね056.gif



…っということで☆

今回は、コンテスト作品展にもおすすめ!
開催中のキャンペーンよりエフェクト合成石を使ったペンダントの作り方をご紹介します038.gif

準備するものは、
アートクレイシルバー650 粘土タイプ 3g、
アートクレイシルバー油性ペースト 少量、
アートクレイ専用オリジナル石枠 Φ2(1個)、Φ3(2個)、Φ10(1個)、
ラウンドカットの合成石 Φ2(1個)、Φ3(2個)、
エフェクトマグナカット合成石 10Φ(1個)、
差し丸カン(小)1個
です!


高度なカットの技術から生まれるエフェクトシリーズは、
「マグナカット」・「ブラックスター」・「12アローカット」の3種類。
通常の合成石に比べてると、その輝きは一目瞭然072.gif

今回は、その中でも特に輝きの強い「マグナカット」を使います!




まずは、石枠Φ10の差し込み部分と差し丸カンの差し込み部分、
そして差し丸カンの一部をカットします。
f0181217_18104851.jpg
















石枠Φ2の側面2箇所に、差し丸カンを通すための穴を、ドリル刃Φ1.0で開けます。
f0181217_1812219.jpg
















石枠Φ2と石枠Φ3(2個)に合成石を留めます。
f0181217_1812564.jpg


















2cmにカットしたマスキングテープに石枠を配置し、貼り付けます。
(ドリル刃Φ1.0で開けた石枠は上に配置します。)
f0181217_18132083.jpg


















まち針で石枠と石枠の間に油性ペーストを塗って接着します。
乾燥後、マスキングテープごと電気炉で焼成し、研磨します。
f0181217_18134369.jpg

















銀粘土3gをひも状にのばし、4つにカットしてリボンの形を作ります。
リボンの中心に差し丸カンを差し、乾燥後にスポンジ研磨材(赤)で形を整え、焼成します。
f0181217_20102718.jpg





















研磨後、石枠に差し丸カンを通し、リボンの穴の片側にチェーンを通して完成です!
f0181217_18151419.jpg
















コンテスト作品展会場でも栄える、
Φ10のエフェクト合成石の輝きは身に着けると
その存在感は格別です!
f0181217_181652.jpg























いかがですか?
素人の私が撮った写真でも、
キラキラひときわ際立つ輝きのエフェクト合成石~!!

Φ10という大きさも魅力的です!
ぜひ、お試しくださ~い069.gif



ちなみに…
「銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト作品展」 
は、国立新美術館にて6/22(水)~7/4(月)まで開催いたします!

ぜひ、見に来てくださいね!
[PR]
by artclayclub | 2011-06-13 21:01 | おすすめレシピ | Comments(0)