コミュニケーション研究室 × ふちゅう突撃班

こんにちは。海老原です016.gif


このたび、アートクレイ倶楽部スタッフブログである

『コミュニケーションデザイン研究室』と

『ふちゅう突撃班』を統合いたしましたので、皆さまへお知らせいたします。


コミュニケーションデザイン研究室メンバーも「もっと突撃したい~!」と予てより願っており?

その想いが通じたのかどうか…はわかりませんが、

これを機に『コミュニケーションデザイン研究室』と『ふちゅう突撃班』総勢20名が力を合わせ、

さらに元気で楽しいブログを作っていこうと張り切っております!

今まで以上のご期待をいただけますよう、よろしくお願いいたします040.gif



10+10=20だけど、10×10=100!!!

これからも100人分の楽しい!をお届けいたします053.gif



‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐

『ふちゅう突撃班』の過去の記事は、『コミュニケーションデザイン研究室』内でご覧いただけます


昭和記念公園にてイベント参加してまいりました 2011/2/15

福本先生と成瀬先生がつくる新木目金。 2011/3/8

勉強になりました 2011/3/16

本日より通常通りブログ更新していきます! 2011/4/1

思い出の木目金作品 下和稔 2011/4/6

全国セミナーはじまります! 2011/5/17

‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐:‐
[PR]

by artclayclub | 2011-05-31 21:10 | 事務局より | Comments(0)

裏技発見しました!

こんにちは。
アートクレイ倶楽部事務局の押見です。
f0181217_20263520.jpg


今回は、只今開催中~!!の『夏キャンペーン第2弾こだわり教材』より

カラフルで可愛い、プラスティック プレセッティングを使った

おすすめレシピをご紹介したいと思います016.gif



プレセッティングは、

石枠やミルタガネを使わなくても合成石を留められる優れもの060.gif


焼成後のアートクレイに穴をあけて微調整。
あとは、ピンセットの柄で“カチッ”と押し込んで留めるだけ!

それだけでも、ミル留め等に比べると簡単ですが、
今回はもっと簡単!!!

裏技レシピをお教えしちゃいます!


◆ご紹介するレシピはこちら◆
    ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
お豆のように可愛らしいペンダント♪
f0181217_19134295.jpg











裏技テクは、ドリル刃(Φ3.5)の柄を使う!



ではでは、早速レシピをご紹介~!!



1.ドリル刃(Φ3.5)の柄に、長さ2.5mmのところに印をつけます。
f0181217_20253352.jpg















2.銀粘土5gをひも状にし、平らになるよう3mm厚にのばします。
 のばした銀粘土に少しアールをつけ、ドリル刃(Φ3.5)の柄を印のところまで垂直に押し当て、
6個窪みをつけます。
f0181217_20254660.jpg














 ≪ポイント≫
 ・穴と穴の間隔は0.5mm開ける!
 
3.押し当てた窪みに合わせて余分な粘土をカットし、お豆のようなシルエットに整えます。
  穴が少し歪むので、再度ドリル刃(Φ3.5)で穴を整え、乾燥させます。
f0181217_2026228.jpg
















4.窪みの回りの粘土の厚みを1mm以上保ちながらヤスリで整えます。
f0181217_20261558.jpg
















さらに、裏技テク!!

普段あまり使わない“ダルマカン”を使う!!!!







5.ペーストタイプで④の裏にダルマカンを接着し乾燥させます。
 乾燥後、軽く形を整え焼成し研磨します。
f0181217_20263023.jpg













ペンダントの側面に穴を開けて差し丸カンを差し込むことができれば安定するのですが、今回は差し込む場所がない…008.gif

足の長い差し丸カンだと、ペンダントの裏面に貼り付けたとき丸カン部分が重くて落ちそうになりませんか?!

ダルマカンを使うと、足の部分が丸くなっていて接着面が広いため転げ落ちないのです!

発見!


最後に、お好きな色のプラスティック プレセッティングをカチッと押し込んで完成です056.gif
f0181217_20264733.jpg















なんと、「ドリル刃(Φ3.5)の柄」が
今回、ご紹介しているプレセッティングにぴったりサイズでした!!

大発見です038.gif


焼成後に時間をかけて穴を空けることを考えると、
断然、楽チン♪

石の回りの枠をうまく利用して、
夏にぴったりなカラフルなアクセサリーを
作るのがおすすめです!!


このお豆のようなかわいらしいフォルムは、
私のお気に入りです♪





ぜひ一度、お試しくださ~い!
[PR]

by artclayclub | 2011-05-30 20:45 | おすすめレシピ | Comments(0)

展示会を訪ねて~アトリエY'S TAMATEBAKO VOL.5~

こんにちは。
海老原です。


今日は府中から脱出をして、都心(久々…!)でお仕事をしておりました。
昼過ぎにはひと通りの用件が済みお天気も良かったので、
少し足を延ばして神奈川県の白楽へ。
『アトリエY'S作品展示即売会 TAMATEBAKO たまてばこ-VOL.5-』におじゃましてきました!

アトリエY'Sの作品展は、井上佳子さんが主宰するアトリエの展示会。
初夏と晩秋に合わせて、年に二回ほど開いていらっしゃいます。



今回の展示会場は、東急東横線白楽駅西口を出て直進すること1分で到着という、
とっても嬉しい立地です。


f0181217_2033658.jpg可愛らしい建物が見えてきました。

















f0181217_2045316.jpg会場は階段を下りたところにあります。



















f0181217_2053217.jpg下まで降りると、ガーデンチェアーと入口が見えてきました。

















f0181217_2071361.jpgふと横を見ると、こんなかわいらしい子たちがお出迎え。


















f0181217_2085049.jpgグリーンの扉がすてきです。
















f0181217_2010429.jpg中に入ってみると、生徒さんや仲間の皆さんと作られた作品がずらり並びます。
















f0181217_20113410.jpg

アトリエY'Sの作品展は、アートクレイシルバーだけではありません。作家それぞれが得意な分野で作品を作り発表しています。









f0181217_20142179.jpg

DECOクレイクラフトなどの華やかな作品もあります。
















f0181217_20172665.jpg

夏にぴったりなガラスのアクセサリーも多数出品されています。









f0181217_2018717.jpg

布小物などの雑貨類も加わり、色とりどりに。


















f0181217_20191054.jpg
入口ではチャリティー作品の販売も。
これは、井上さんが花博に行かれた際に台湾の夜市で購入されたヒスイなどのストラップです。
これにシルバーのチャームをプラスしてオリジナルに仕上げていらっしゃいます。
ストラップの売上金は、すべて東日本大震災の被災地支援のための義援金として寄付をされるなんて、すてきなアイデアです!




なお、27日(金)~29日(日)は会場でワークショップも開催とのこと!

27日(金) アートクレイシルバー、トールペイント
28日(土) アートクレイシルバー、羊毛フェルト
29日(日) アートクレイシルバー、DECOクレイアート
いずれも、10:15~11:45、12:30~14:00、14:30~16:00です!

今日は開催していなかったため、後ろ髪引かれる思いでとぼとぼ帰路に着きました。。。




「自分たちの作品を買っていただけることにみんなが喜びを感じて、
それを励みにがんばっています」と、主宰の井上さんもにこやかにお話くださいました。

『アトリエY'S作品展示即売会 TAMATEBAKO たまてばこ-VOL.5-』は、
5月29日(日)まで開催中です。初夏の薫りを感じてみませんか?


【出品者の皆さま】
アートクレイシルバー
佐藤 瑠子さん、関野 真里子さん、福本 渥美さん、松村 睦さん、吉原 恵里子さん、
渡部 祐子さん、北川 幸子さん、松岡 育子さん、紀 和子さん
作品監修:井上 佳子さん

トールペイント
丹羽 葉子さん

羊毛フェルト
増田 浩美さん

DECOクレイアート
坂本 マツ子さん

ガラス
青木 和子さん



会場 : ギャラリー ハイド&シーク(Gyallery hide&seek)
住所 : 神奈川県横浜市港北区篠原西町1−18
時間 : 10:00~17:00
お問合せ : 045-439-3951
地図はこちら




週末のお天気、回復しますように。
f0181217_20414830.jpg

[PR]

by artclayclub | 2011-05-26 21:44 | イベント | Comments(2)

えびフライ日記

先日の『からあげ日記』に続いて『えびフライ日記』をお届けします!
えび好きの海老原です!





そろそろ皆さまのお手元に、
『2011 ARTCLAY ORIGINAL GIFT』&『夏キャンペーン第2弾こだわり教材』の
ご注文教材が届いていらっしゃるころですね。

そして人気のアイテムNEWステンシルの新しい作品も完成しました!

今回は、春から夏にかけてぴったりなカラフルアクセサリーとちょこっとレシピをご紹介します。





チューリップのプチアクセサリー
襟元が大きく開いた服にぴったりのプチアクセサリーを、
代表色であるレッドを使って、キュートに仕上げました。
f0181217_1822429.jpg






●作り方
f0181217_152444.jpg[1]粘土をローラーでのばします。












f0181217_154555.jpg[2]ステンシルシートNo.3(チューリップ)を切り取って粘土の上に置き、もう一度ローラーでのばします。










f0181217_1555211.jpg[3]こんな風になればOK!












f0181217_156438.jpg[4]スチールスクレイパーを使い、チューリップの模様に合わせてカットします。











f0181217_1583981.jpg[5]こんな感じに。












f0181217_1591590.jpg[6]角ばった部分を中目やすり、耐水ペーパーで整え、さらにチューリップのシルエットを出します。その後、合成石を入れる穴をドリル刃で開け、合成石を留めます。裏付けバチカンを付けてから、焼成します。








f0181217_15133626.jpg[7]焼成後、ステンレスブラシで磨きます。ステンシルで浮き出たチューリップの上に着色したUV樹脂を少量のせ、UVBOXで一旦、硬化させます。作業が細かいので、針先にUV樹脂をつけて彩色します。

←裏付けバチカンで作品が転ばないように、ウレタンマットに穴を開けて作業をしています!






f0181217_891877.jpg[8]最後にクリアーのUV樹脂を全体にのせて再度硬化させたら完成038.gif



















さくらのペンダント

さくら舞い散る様子をペンダントトップに表現してみました。
淡いグラデーションに仕上げた花びらがとても可憐な、和のアクセサリーです。
f0181217_895678.jpg





●作り方
f0181217_15231661.jpg[1]粘土をおはじき状に形作り、表面をきれいに整えておきます。
F-739 ペンライナー(3種セット)の0.2mmを使い、粘土の表面に波模様を描きます。
ドリル刃で穴を開け差し丸カン(小)を付けておきます。







f0181217_15242760.jpg[2]ステンシルシートNo.1(さくら)を[1]の波模様の上に貼り、ペーストタイプで模様を盛り上げます。











f0181217_15262964.jpg[3]ステンシルを剥がし、焼成します。












f0181217_15272434.jpg[4]焼成後、さくらの模様以外を鏡面に磨き上げます。UV樹脂をさくら色に着色をし、さくら模様の上にUV樹脂をのせUVBOXで硬化させます。濃度の異なる色を3色ほど作っておき、中心から外に向かってグラデーションになるよう、彩色をするとより深みが出ます!







f0181217_8101544.jpg[5]完成038.gif






















たんぽぽのアンティーク風ペンダント
ステンシルNo.5(たんぽぽ)を使い、
たんぽぽのモチーフとコーナーワークの模様を組み合わせました。
ちょっとレトロな色使いのUVカラーで、この春夏流行の70's風に仕上げてみました。
f0181217_13573394.jpg

チューリップとほぼ同じような手順で作ることができます。
ダエン状にのばしてきれいに整えた粘土の表面にステンシルシートを貼り、ペーストタイプで模様を盛り上げます。
差し丸カン(小)を付けて焼成し、チューリップと同じ要領で彩色してみましょう!











ぶどうの蔦のリング
繊細なぶどう模様のステンシルNo.5(ぶどう)を、シリンジ線の上にチャレンジ!
まさにぶどうの蔦を思わせるリングができました。
模様の上にのせたUV樹脂は、まるで七宝のようです。
f0181217_181135.jpg




●作り方
f0181217_15362033.jpg[1]シリンジ線が何重にも絡むようにシリンジノズル(グリーン)でベースのリングを作り、乾燥させます。後でステンシルを貼りやすいように、しっかり重ねておくのがポイント。
お好みで、ところどころに合成石をあしらっておきます。







f0181217_15381387.jpg[2]シリンジのリングの上にステンシルNo.5(ぶどう)を切り取って貼り、ペーストタイプで模様を盛り上げます。










f0181217_15402198.jpg[3]ステンシルを剥がして焼成します。

←シリンジ線がたくさん重なっていないとステンシルがしっかり貼れないのでご注意!










f0181217_1541436.jpg[4]焼成後、ステンシルで浮き出たぶどうと葉っぱの上に着色したUV樹脂を少量のせ、UVBOXで硬化させたら完成038.gif

←これもリングが倒れないように、ウレタンマットを加工しています!













シルバーのレリーフに仕上げるのもシンプルで素敵ですが、
UV樹脂と組み合わせると、こんなにカラフルで美しい作品になります。

お手元に届いたステンシルでぜひぜひ一度お試しください!




よく見たら、『からあげ』じゃなくて『かりあげ』
[PR]

by artclayclub | 2011-05-25 22:14 | 事務局より | Comments(0)

かりあげ日記

f0181217_1726047.jpg皆さん
こんにちは!

アートクレイ倶楽部事務局の吉原です。
そろそろ夏を感じる季節になって来ましたね!
私も今年暑~い夏を乗り切る工夫?でさっぱり刈り上げちゃいました!

何年ぶりかの刈り上げは風通しバツグンです。
でも家族からの反応は

「たわし」みたい。。。(妻)

とか

「猿」みたい。。。(次男5歳)

だそうです(泣)


そんな家族の冷たい視線に負けずに夏を満喫します!

そうです!
夏といえば
「パールジュエリー・デザインコンテスト」!!

いよいよ始まります!
私も審査員で参加させていただいているこのコンテストは今年で15回目を迎えます。
昨年は最優秀賞にアートクレイを使った作品の水島孝枝さんが見事受賞!

バロックパールの形を水鳥に見立てた作品は秀逸でした!

今年はどんな作品が出品されるのかとても楽しみです。

今年の申込書はこちらからダウンロードできます
           
第15回パールジュエリー・デザインコンテスト申込書

ちょっとここで耳寄りなお話028.gif

毎年、パールジュエリー・デザインコンテストの審査会場で審議されることがあります。

それは

1、使用されている真珠はアコヤ真珠(和珠)か?

2、真珠が美しく見えるデザインか?

です。

1、に関しては残念ながら毎年数点、アコヤ真珠ではないとの判断から審査から外れる作品があります。
作品を拝見すると素敵なのに。。。
もったいないです。007.gif
ひょっとすると作者自身もアコヤ真珠だと信じてお使いになっていたのかもしれません。

やはり真珠は信頼の置けるお店などで購入するのが一番です。
現在アートクレイ倶楽部で販売している定番教材(淡水パールを除く)やキャンペーンで販売している真珠は正真正銘のアコヤ真珠(和珠)です。
自信を持ってオススメいたします。066.gif
多数のアコヤ真珠をご紹介中!
2011 ART CLAY ORIGINAL GIFT

50%OFFのお買い得真珠はこちらから
お買い得 アコヤ真珠


2、真珠養殖業の人たちが丹精込めて作ったアコヤ真珠。
形、色、大きさはさまざまです。
過去の受賞作品を見ると、それぞれの真珠の一番綺麗な見せ方を工夫されています。

過去の受賞作品はこちら

以上の2点をヒントに作品づくりを楽しんでください!
楽しんで作った作品は見る人すべてに共感を呼びます006.gif

パールジュエリー・デザインコンテスト申し込み締め切りは9月1日(木)です!
お忘れなく!!
[PR]

by artclayclub | 2011-05-23 16:01 | 事務局より | Comments(0)

話題のギフトボックス 'オープンセサミ' !

こんにちは。海老原です。

先日ご紹介をさせていただいたNEWステンシル
たくさんの反響をいただきありがとうございます!
新しい作品をただいま準備中!次のご紹介をご期待ください~ ^^



そして今日は私のもう一つのおススメ教材である
『アートクレイオリジナル ギフトボックス‘オープンセサミ’をご紹介!
f0181217_10555362.jpg




もう皆さんご存知の通りこの‘オープンセサミ’は、
プロダクトデザイナーの宮田泰地さんがアートクレイユーザーのためだけに
デザイン・設計してくれたギフトボックス。

f0181217_10565434.jpg

宮田さんは多摩美術大学でプロダクトデザインを学んだ優秀なお方…。
しかもとってもアイデアが豊富でジェントルメンで背が高くてイケメンで………
あ、最後の方はあまり関係なかったですが、
と、とにかく、アートクレイ倶楽部のため約8ヶ月もの時間を費やし検討を重ね作りあげてくださった、
こだわり機能がいっぱいのギフトボックスなのです!


-こだわり1- スライドでサプライズ!
f0181217_100535.jpg見慣れたピロー型ですが、
スライドするのはアートクレイ倶楽部だけ!







-こだわり2- スマートに取り出せます
f0181217_1025884.jpg作品の入れ替えだってカンタン♪








-こだわり3- ずれないので安心
f0181217_1035438.jpgリングを通して使えるのも
アートクレイ倶楽部オリジナル(^^)/







-こだわり4- 展示もすっきり
f0181217_1054390.jpgなんと言っても、ココに注目!!
自立してる~。







-こだわり5- かんたんリボンラッピング
f0181217_1071937.jpgそんなしっかり者のボックス君に花を添えるリボンちゃん…。
手間いらずのしっかり者。







-こだわり6- 自宅でそのまま飾って楽しめます。
f0181217_10175780.jpg二人は一つ…。美しい!

(画像提供:中山悦子さん)








機能性が高いのにシンプルな形・デザインなので、
様々なテイストの作品にご利用いただけるのではないでしょうか??

しかも、ご自分で組み立てていただけますので、保管の際もかさばらないのがうれしいですね♪



その組み立て方だって簡単!
鼻歌を歌いながら、あーっという間に完成しちゃいます。

それではアートクレイ倶楽部事務局プレゼンツ自主制作ムービー

『オリジナル ギフトボックス 'オープンセサミ' 』
をご覧ください061.gif







これならなんだか組み立てるのも楽しそう!
私はかれこれ30個以上は組み立てましたので、今やかなりの高速組みができちゃいます。
ふふふ。
「いやいや、私の方が早い!」という方、ぜひ勝負を!



そしてそして、発売して間もない新教材ですが、早速ご活用いただいているという情報をキャッチ!
“ふちゅう突撃隊”としては、レポートしないわけにいかない!

いや?違った…。
私は“コミュニケーションデザイン研究室”の一員。。。
そう、コミュニケーションデザイン研究室というのはそもそも……、
と語りたいところですがだいぶ話がずれてきたので、
これは近々日を改めてお話をさせていただきます(;´▽`A``




レポート1 【銀座三越 GINZA ビーズフェスティバル】
5/18(水)~/24(火)まで銀座三越で行われているGINZA ビーズフェスティバル。
中山悦子さん、志賀ゆかりさん、鯨井洋子さん、小林理恵子さんをはじめ、
アートクレイ倶楽部会員さんがご出展されています。
そこで早速、‘オープンセサミ’登場!

●中山悦子さん
f0181217_11265377.jpg

お持ちのディスプレイと上手く調和させながら、品格ある展示をされておりました。
作品のイメージに合わせた展示が大変参考になります。
(作品:中山悦子さん、 樽見敏子さん)



●志賀ゆかりさん
f0181217_11294454.jpg

ナチュラルな雰囲気を残しながら、百貨店に合わせた演出をされておりました。
このオープンセサミ マットブラックに写真の紫陽花のネックレスを飾った直後、
なんとー!作品がお客様のお目に留まり、お嫁に行きました053.gif
偶然居合わせた私も思わず感動の場面でした。
(作品:志賀ゆかりさん、関 美加さん)



レポート2 【プランタン銀座のイヌコレ 第15回ドッグファッション&グッズコレクション】
5/17(火)~/23(月)まで、
プランタン銀座でワンちゃんやネコちゃんグッズを集めた催しが開催中です。
ペットと飼い主どちらも身につけられるアクセサリーや小物を中心に、
福本ミカさんほか、アートクレイ倶楽部の会員さんが出展されています。

●福本ミカさん
f0181217_1251760.jpg

福本さんのトレードカラー“グリーン”をメインにディスプレイされていました。
オープンセサミのパールホワイト&マットブラックは主張の強い色とも相性バッチリ。
元気で明るいディスプレイが素敵でした。
そしてなんとーーー!
福本さんもオープンセサミにディスプレイした作品がお嫁に053.gif
リボンをかけてそのままお客さまへお渡ししたら、
とても驚き、そして喜んでくださったそうです!
ご自宅でも飾ってくださるそうです♪
(作品:福本ミカさん)



色々な使い方ができそうな、こだわりのギフトボックス。
展示会では、より一層目を引くラッキーツールになりそうな予感…016.gif
この夏、私がおすすめします!



S-228 オリジナル ギフトボックス‘オープンセサミ’(5ヶセット) (パールホワイト/シェルピンク)
S-229 オリジナル ギフトボックス‘オープンセサミ’(5ヶセット) (マットブラック/ボルドー)

は、2011 ART CLAY ORIGINAL GIFT からご確認いただけます。

ギフトにも、展示会にも、ぜひお試しください!
[PR]

by artclayclub | 2011-05-19 20:25 | おすすめレシピ | Comments(2)

いよいよキャンペーンがスタートしました!

こんにちは。
アートクレイ倶楽部事務局の押見です。



先日、会員の皆様にお送りしました
『2011 ARTCLAY ORIGINAL GIFT』&
『夏キャンペーン第2弾 こだわり教材』の
ダブルキャンペーンがいよいよスタートしました060.gif


早速、ご注文をたくさんいただいておりますが、
大人気教材はやはり、新教材たち!!


先日、ブログでもご紹介しましたが、
今回は企画からオリジナル開発した新教材
「新デザインステンシルシート」や

f0181217_1992172.jpg

















「ギフトボックス」、
f0181217_18483139.jpg











はじめてご紹介するカラフルボディーのプレセッティングに
f0181217_1849760.jpgf0181217_1849219.jpgf0181217_18494033.jpg




f0181217_18495651.jpgf0181217_18501478.jpgf0181217_1850282.jpgf0181217_18504391.jpg




アワビシート
f0181217_18583413.jpg












などなど、目新しいものがずらり勢ぞろい056.gif


どれも一度はお試ししていただきたいおすすめ教材です!


こちら「コミュ二ケーションデザイン研究室」では、
キャンペーン期間中ちょくちょくおすすめ教材の
“魅力”をお伝えしていきたいと思っています!


さて、今回は紙面でお伝えしきれなかった、
エフェクト合成石シリーズについて少しだけご紹介します。
f0181217_15253232.jpgf0181217_1525499.jpgf0181217_15255965.jpg




眩いかぎりの高度なカットの輝きは、
とにかくすごい!!

特にマグナカット(画像左)はなんと、Φ10!!!!
メンズカリキュラムNo.1のこちらの作品とf0181217_153927.jpg








同じサイズです056.gif


今回のキャンペーンテーマ「ギフト」にぴったりな、
贈りもののアクセサリーに最適なとっておきの合成石です。


また、Φ5のアローカットをいくつか並べて、
より「ゴージャス」なアクセサリーにするのもおすすめですよ016.gif



大きさは各形状1種ですので、
用途によってカットの違う石を使い分けてお使いください!



そして、今回はエフェクト合成石シリーズを
ご注文いただいた方に、(1回のご注文につき)“1個”カットが良く見える
スコープをプレゼントしています!!

f0181217_18435472.jpg















エフェクト合成石シリーズの
輝きをぜひご覧くださ~い060.gif
[PR]

by artclayclub | 2011-05-17 19:10 | 事務局より | Comments(0)

全国セミナーはじまります!

こんにちは。
e0226561_16441566.jpg


全国セミナー「フロストガラスのリング」
の講師を務めさせていただく下です。
e0226561_16431564.jpg



この5月に東京から神戸へ活動の場を移し、
心機一転・・・!!

のはずだったのですが、
ご案内のプロフィールに記載の
「5月よりアトリエショップをオープン」が大幅に遅れております008.gif


いまだ内装が済んでおらず荷物の整理すらままならないため、
ダンボールの山から道具と材料を探して作品をつくっている状態です。

精神的にも効率的にも悪いので早く完成させたいと切に願うこの頃です。




さて、前置きが長くなりました。
今回のセミナーの「フロストガラス」
これだけでもすごくきれいです。
十分すぎるくらい…。
銀と組み合わせてより良くできるのか…。

そんな中とにかくこだわったのは、
・フロストガラスの発色。
・短時間で手軽にガラスと銀粘土を組み合わせる。

この2点。

フロストガラスは、淡いガラスの中に柔らかな色が見えるやさしい雰囲気のガラスです。

その色の美しさを損なわないように、
できるだけ色が活きるように組み合わせに工夫を凝らしました。

また、短時間、手軽にこだわったのは、僕の勝手なイメージかもしれませんが、
「ガラスと組み合わせるのはなんだか時間がかかるような気がする」というところが発端です。
フロストガラスだけでなく、他のガラスや一部の天然石にも応用できる技法となっております。


久しぶりの全国セミナーで緊張しますが、
会場でお会いする際はどうぞ、アトリエの進捗…ではなく、
セミナーの内容にかかわらず制作に関する事いろいろご相談ください。
全国の皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!
[PR]

by artclayclub | 2011-05-17 14:55 | セミナー | Comments(0)

ズバリ言って、こだわり抜いたデザインなんです。

f0181217_1043396.jpgみなさま、こんにちは。海老原です。
5月に入ってからすっかり春めいてまいりましたね♪
草や花が芽吹き、木々には葉が生い茂り…、
一年で一番美しい季節到来(^^)/
だいすきな季節です。





さて!
皆さまに今日ぜひお見せしたいのはコレ!ステンシルシート!
この季節にぴったりな、元気の出るNEWデザインが登場です。
ステンシルシート(すずらん)を使った作品です。
f0181217_15374659.jpg

(この作品の作り方は、5月14日に、アートクレイ倶楽部会員専用 教材ご注文ページで公開!)

繊細なレリーフに仕上がっていますよね。
アートクレイの乾燥品を彫って模様をつけるのは、比較的、簡単にできます。
反対に、模様を盛り上げてレリーフ調に仕上げるのはむずかしいですよね…。

でも、ステンシルシートなら簡単にできちゃうんです!
まだ一度もご使用になられたことがない方は、ぜひ一度だまされたと思ってお試しください。
すぐに繊細で美しい模様が描けてしまうのです。




使い方も簡単です。
f0181217_15415927.jpg
1) まずは表面をきれいに整えた乾燥品を準備し、お好みのステンシルシートをぴったり貼り付けます。空気が入らないように注意しましょう。







f0181217_15421083.jpg
2) ペーストタイプで模様の部分を埋めて乾燥させます。乾燥するとちょっと目減りするので、多めに盛り付けましょう。ただし、シートのまわりにはみ出し過ぎないように。ここがミソです。





f0181217_15421913.jpg
3) スポンジ研磨材(赤)で2)の粘土を削り、模様が見える程度まで余分な粘土を取り除きます。模様が見えない状態でステンシルシートを剥がしてしまうと、模様部分の粘土まで一緒に剥がしてしまうことがあるので気をつけて!


f0181217_15422633.jpg
4) ピンセットでステンシルシートをつまみ、そっと剥がせば…














f0181217_15585554.jpg繊細なレリーフを施したリングの完成です。
写真の作品は、工程4の後にアートクレイゴールドペーストを塗って焼いて仕上げました。
お隣のリングはステンシルシート(メロディー)を使っています。
音符のデザインって意外となかったのですが、実はアートクレイの体験会では人気のモチーフだそうです。















そしてこの「メロディー」や「クローバー」をはじめ、
今回、新しく誕生した6種類のステンシルシートをデザインしてくださったのが中村頼子さんです。
中村さんは、出版物や広告などのイラストを手がけているプロのイラストレーター。
大学生の頃から続けているという“きりえ”をイラストにも取り入れていらっしゃいます。



皆さん、『六条麦茶』はご存知ですか??
私はお茶といえば断然、麦茶派なので、けっこういただきます。
f0181217_16254153.jpg

その『六条麦茶』のパッケージに、
温かみのあるきりえで親子の姿を描いたイラストが使われています。
実はこのイラストをご担当されているのがイラストレーターの中村さんなのです!

ほかに、こんな可愛いきりえのカードやモビールのワークショップも開催されているのですよ。
f0181217_18435017.jpg

f0181217_18441446.jpg

f0181217_18442788.jpg



 
そもそも“きりえ”も“ステンシル”も、型紙を使った表現技法のこと。

友禅染や紅型染はきれいな図案を切り抜いた型紙を置き、
穴から絵の具などを生地につけて図案を写していく染め方で有名ですね。

“きりえ”は、きれいな図案を切り抜いた型紙を使って絵を作り上げる方法です。

どちらも図案を切り抜いた型紙を使用しているのです。


“きりえ”のスペシャリストといえる中村さんなら、
きっときれいなデザインの使いやすいステンシルをデザインしてくださるはず…。
そんな想いでデザインをお願いしました。


f0181217_171056.jpg
R-443 ステンシルシートNo.1 (さくら)
定番の“桜”をリニューアル。デザイン違いの桜が4種類あってとても便利です。

f0181217_1711270.jpg
R-444 ステンシルシートNo.2 (クローバー)
幸せのモチーフである“クローバー”は一つ持っていると何かと便利です。


f0181217_1712611.jpg
R-445 ステンシルシートNo.3 (チューリップ)
ありそうでなかった“チューリップ”は会員の皆さまの声がヒントになりました。


f0181217_1714217.jpg
R-446 ステンシルシートNo.4 (すずらん)
清楚で愛らしい“すずらん”。アール・ヌーヴォー調にデザインしました。


f0181217_1715760.jpg
R-447 ステンシルシートNo.5 (ぶどう・たんぽぽ)
アール・ヌーヴォーらしい葡萄のツタ模様とたんぽぽを可愛らしくデザインしました。


f0181217_1721195.jpg
R-448 ステンシルシートNo.6 (スワン・メロディー)
白鳥のシルエットと流れるメロディーをイメージしたキュートな音符のデザインです。



どのステンシルシートも、リングに使いやすい“ライン柄”と、
四角いパーツに使いやすい“コーナー柄”をご用意しています。
いつもの作品に少しプラスするだけで、アンティークのように繊細なアクセサリーになったり、
ポップで楽しいアクセサリーに仕上げることができそうです。

あ、そうそう。
ステンシルシートの右下にいる可愛いハムスターは、中村さんのトレードマークです。
ほかでは手に入らない【中村頼子×アートクレイ倶楽部】オリジナル教材の証です!



このステンシルシートは、
アートクレイ倶楽部会員の皆さまへ先日お送りした『2011 ART CLAY ORIGINAL GIFT』に掲載しております。

大切な方へのギフトに、展示会に、そしてご自分ために、ステンシルシートですてきな作品を!

『2011 ART CLAY ORIGINAL GIFT』のご注文受付開始は、5月15日(日)9:00~です。
数量限定教材ですので、どうぞお忘れなくチェックしてくださいね!


・・・・・・・・・・・・・・・・

●中村頼子さんのHPはこちらから⇒ アトリエ・ハル

・・・・・・・・・・・・・・・・
[PR]

by artclayclub | 2011-05-13 10:08 | おすすめレシピ | Comments(0)

ご意見を募集します!

こんにちは。

アートクレイ倶楽部事務局の三ツ橋です。

突然ですが、皆さんにご意見を募集します!!

アートクレイ倶楽部総合教材カタログに載っているこの額を知っていますか!?
f0181217_1092539.jpg

              教材番号 R-055
              ●20正方額チョコレートブラウン ¥3,500(税込¥3,675)
                      

このチョコレートブラウンの額をリニューアルしたいと考えていまして…
どんな風にしたら今以上に使いやすくなるのか悩んでいます…

コンテストや展示会を見ていると皆さんオリジナルの額で綺麗に展示していたり、
受賞する作品も多かったり034.gif
最近額装に力を入れている方が多いのではないかと感じています。

「この額ココがこうなったらもっといいのに!」とか
「この色や形であれば欲しいのに!!」など、額についてのこだわりで意見をお持ちの方!
ぜひ!ご意見をお願いします!!

アートクレイ倶楽部会員ページにて内容をご確認の上、ご意見いただけると幸いです!
本日、メルマガもお送りいたしましたので055.gif

あっ!ちなみに本日アートクレイ倶楽部会員ページをリニューアルしております♪
こちらもぜひご覧ください!


額に関するご意見につきましては、
直接三ツ橋まで意見くださってもかまいませんのでよろしくお願いいたします040.gif
[PR]

by artclayclub | 2011-05-02 21:05 | 事務局より | Comments(0)