ブログトップ

コミュニケーションデザイン研究室

こんにちは。アートクレイ倶楽部事務局の西埜です。
f0181217_12184163.jpg
いよいよ開催!!
『第10回銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト』 が、24日からスタートいたしました!

初日の24日は、コンテストの授賞式典も開催されました。
会場の大きなスクリーンに作品が映し出される度に、会場からは感嘆のため息が。。。
後で作品展会場に戻って、作品実物を何度も見に行ってしまいました003.gif

 f0181217_12304541.jpg
今年の作品展では、
過去の歴代グランプリ作品が展示されています。
会場に入ると、
まず2000年のグランプリ作品が中央に配され、
奥に向けて2002年、2003年…と続き、
その流れを進んで行くと
今年のグランプリ作品が登場!!!

←歴代グランプリ作品が今年のグランプリへの道しるべのようで…
これまでの「歩み」が感じられます。




会場のレイアウトは、コンテスト運営委員の皆さんからのアイディアを元に実現しました!
アートクレイの10年の歴史を感じられる素敵な展示060.gifが気分を盛り上げます041.gif


さらに今週日曜日6月28日には、
当コンテスト審査員長三木稔先生に入賞作品のお話をお聞きできる「ギャラリートーク」をコンテスト会場にて開催いたします!!!
※詳しくはこちらからどうぞ。 

今まで開催されたコンテスト、10回すべてで審査員を務めていらっしゃる三木先生。

授賞式典の際には、「毎年作品の難易度もデザイン性も上がってきていて、
審査には苦労している」とおっしゃっておりました。
近年のコンテストは技術力だけでなく、デザイン性や表現力も審査の対象になっているようです。

また、入賞作品以外でも、出品者の方は、
自分の作品三木先生に講評していただくこともできます!!
あの三木先生に目の前でアドヴァイスがもらえる!!!
今後の作品制作のレベルUPのチャンスですね♪

銀粘土という素材がより引き立つ作品作りについてのお話も伺えるそうなので、
私も楽しみにしております001.gif

『ギャラリートーク』は予約や申込みは不要です!直接会場にお集まりください!
※詳しくはこちらからどうぞ。 

f0181217_12203446.jpg



授賞式典の後は、アートクレイ倶楽部交流パーティーにて、
10周年を記念して、
パティシエさんが特別に作ってくださったスイーツ♪
大きな宝石の指輪をデザインしたクッキーが053.gif

[PR]
by artclayclub | 2009-06-26 11:28 | 事務局より | Comments(0)

作品展 明日搬入!

こんにちは。アートクレイ倶楽部事務局の平出です。

ついに明後日、6月24日(水)から
『第10回銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト作品展』
スタートいたします!! 
というわけで、私共 事務局スタッフ一同は、
ボランティアでお手伝いしてくださる会員様方々(重労働なのにありがとうございます)
とともに、明日、作品搬入作業を行います!


いやー、いよいよって感じですね。
国立新美術館の広い(奥に長い)展示室に、
今年は国内外あわせて570名604作品の公募作品が展示されます!!
f0181217_18272288.jpg

こんなレイアウトになります‥‥って、ぼやけて分かりづらい!002.gif

毎年のことながら、この作品総数の多さは圧巻です!
右を向いても、左を向いてもシルバー!
搬入は大変ですが、見応えは言うまでもなく充分です!!!

しばらくアートクレイから遠ざかっていた方、
新しい作品作りのネタ探しをしている方、
ぜひ『作品展』をのぞいてみてください!

温かな作品技ありな作品可愛い作品格好良い作品‥‥
作り手の思いが込められた個性あふれるシルバーたちに出会うと、
否が応でも素敵なアイディアも浮かんできて、
制作意欲が刺激されること間違いなしですっっ058.gif

これらの公募作品の他にも企画展や、
作品展“第10回”を記念したイベントも盛り沢山041.gif
※詳しくはこちらからどうぞ。 

今回は『銀のチャリティーリサイクル』も開催いたします。
ご家庭で眠っている不要な銀粘土の焼成品やシルバーアクセサリー、
SV925パーツ等を集め、銀をリサイクル。
そこから得られた収益を、倉本 聰さんが塾長を務める
「NPO法人C・C・C富良野自然塾」に寄付し、苗木の植林などの活動に
役立てていただきます。
会場に、皆様のお気持ちをお持ちいただけるとうれしいです043.gif

f0181217_1810678.jpg
それでは、明後日の開催目指して、
明日の作品搬入作業、がんばってきま~す071.gif

         備品の搬入準備も万端です!!→
[PR]
by artclayclub | 2009-06-22 19:40 | 事務局より | Comments(0)

こんにちは。アートクレイ倶楽部事務局の平出です。

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
先月開催されました「2009ホビーショー」にて、
アートクレイを製造販売している相田化学工業(株)が
“新粘土”を発表いたしました!
それも2つ!!1つは 『軽量銀粘土』 。もう1つは『銅粘土』です。
f0181217_10305160.jpg
↑『軽量銀粘土』&『銅粘土』(+銀粘土)で制作された作品たち!
「第10回銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト作品展」
 でも展示致します001.gif

両方とも、まだ正式な名称は決まっていないそう。
要は『軽量銀粘土』も『銅粘土』も通称です。
正式名称は何になるのでしょうね。
『軽量銀粘土』だったら、アートクレイシルバーlight(軽い!)とか?
『銅粘土』なら‥‥‥?? 何ですかねぇ?


ところで新粘土の特性ですが、『軽量銀粘土』はその通称の通り、とにかく軽い!!

f0181217_10214316.jpg重さは「アートクレイシルバー」の約2分の1!!
その軽さから、大きい作品にも挑戦してみたくなります。

←大きいもの代表壁掛け時計。 10cm×14cmで制作。
 『軽量銀粘土』なら、壁にかかる負担も半減です♪
 ちなみに短針は『銅粘土』です。



そういえば、ピアスの重さは耳にかかる負担から、3g程度が限界なんだそうです。
『軽量銀粘土』なら、ピアスも「アートクレイシルバー」で作るより
大ぶりなものにも挑戦できますね003.gif

ピアスに限らずアクセサリーは、大きいと華やかにはなりますが、重いのが難点007.gif
重いと肩も凝ってしまいます。
せっかく素敵なものを身に着けているのに、
いつもより疲れちゃうなんて残念ですよね。
そんな時は、『軽量銀粘土』の力を借りてみましょう♪
きっといい結果が得られるはずです!


『銅粘土』はその通称の通り、焼くと銅になる粘土!しかも“純銅”です。

f0181217_10392757.jpgそして銅の良さは、なんといってもその
作品の幅が広がりそうですね016.gif
銅の色を生かし、アンティーク調の作品にも良さそうです。
銀と銅でそれぞれ制作した作品を重ね着けすれば、
今まで銀だけでは表現できなかった
色のコントラストも楽しめます♪

また、銅だけに、銀粘土に比べて価格も安いので、
こちらも大ものを作りやすい!(※販売価格は未定です。)
いっそ、塑像を作るのも面白いかも。
まさに「銅像」072.gif

期待と妄想が膨らむ新粘土今年11月発売予定です!
最新情報は随時アートクレイ倶楽部ホームページなどでお知らせ致しま~す!
[PR]
by artclayclub | 2009-06-19 21:12 | 事務局より | Comments(4)

記念すべきイベント!!

こんにちはアートクレイ倶楽部事務局の押見です。

6月も半ばにさしかかり、気がつけば…もうすぐ年に一度の大イベント。
『第10回 銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト作品展』が開催されます038.gif 
※詳しくはこちらからどうぞ。 

あと1週間…今年は『第10回』ということで、コンテストの応募テーマ
f0181217_1257680.jpg
「記念」と同様に皆様にとって
『記念』となる展示会にする為、
私共々、事務局スタッフは
準備に大忙しです042.gif
 
ここ数日は作品図録やネームプレートの校正、校正、校正…

例年と比べると大きく体裁も変わって、ボリュームたっぷり作品図録
f0181217_13483544.jpg

出来上がり楽しみにしていて下さい072.gif

f0181217_1334767.jpg今年はネームプレート
部門の区別が分かりやすくなるよう
改善しました。
カラフルなので一目で部門の区別が
出来ますよ060.gif
f0181217_12402828.jpg


校正に追われる中、
なにやら大きなモニターが運び込まれてきました!!!
…一体どこで使われるのでしょうか????



f0181217_12541678.jpg
それから忘れてはいけない、
一年間、眠りっぱなしの垂れ幕
引っ張り出して、準備万全!? 

になるように、引き続き頑張ります!
期間中は皆様に、
会場でお会い出来る事楽しみにしています001.gif
[PR]
by artclayclub | 2009-06-17 18:26 | 事務局より | Comments(0)

アートクレイ倶楽部事務局平出です。

最近雨が多くなってきました。もう梅雨ですね。

雨の日057.gifは、濡れることや荷物の他に傘まで持たなければならないことを考えると、
ついつい外出が億劫になりがち…。
実際外に出て散歩してみると、景色が普段と違って見えたりして、
それはそれで面白かったりもするのですが‥‥
必要に迫られないと、なかなか外に出ない!!
そして洗濯物が乾かない!!

そんなとき、お日様サンサン058.gifの夏が恋しくなります。
洗濯物やら何やらが外に干せずにジメジメしてしまうのはいただけません026.gif

でも、梅雨が明ければ夏です。梅雨が来なければ夏は来ない!
夏はそこまで来ています!!

夏になったら着けたいのが、f0181217_95388.jpg
中村るみ先生
『ブラブラチョーカー』
!!
 

夏にピッタリ!透明チューブを使って見た目にも
涼しいこのチョーカー!!
ところが夏にピッタリは見た目だけじゃない!
『ブラブラチョーカー』の秘密を、中村るみ先生にこっそり聞いてきちゃいましたー。

f0181217_9231838.jpg『ブラブラチョーカー』に使われている
チューブチョーカーは前あき!
着けたりはずしたりが楽チンで、
普段用にもお出かけ用にも使って頂けるのが
ポイントです。
その上、サイズはフリー!
どんな方にも似合います。

今までチョーカーを着けたくても 着け外しが
面倒であまり着けなかった方、
自分に合うサイズが見つからなかった方にも
おすすめです。


↑この日 るみ先生はブルーの『ブラブラチョーカー』を着用053.giff0181217_9243947.jpg

夏は着替えることも多いので、
アクセサリーも着け外しが楽なほうがうれしい
ですよね。
また、肌が弱くて夏のアクセサリーが苦手な方にも
OKです。
チョーカーに下げるものを色々替えて、
夏もおしゃれに楽しみましょう♪


セミナーで語られる秘密の話をズバっと‥
f0181217_10342884.jpgQ.チューブチョーカーはどうなっているのですか?f0181217_10312563.jpg
A.実は、チューブの中に素材自体に
弾力があるワイヤーが入っているんです。
なのでこんなに曲げても大丈夫。
綺麗なスタイルを保つことが出来ます!!


セミナーでは、知っておくと何かと便利な「エンドパーツの作り方」
「細い棒の先に合成石を入れる技法」も学べます♪
 
中村るみ先生『ブラブラチョーカー』講座は
「第10回銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト作品展」
開催記念セミナー024.gif
手ぶらで気軽に参加でき、短時間(4時間)でさくっと作って持ち帰ることが出来ます。

国立新美術館に作品展を見に行く前、行った帰りに、新宿にチョコッと寄って
夏が待ち遠しくなる爽やかチョーカー。
今年の夏のお気に入りに加えてみませんか?
(※府中工房でもやっています056.gif
[PR]
by artclayclub | 2009-06-11 14:27 | 事務局より | Comments(0)

こんにちは。アートクレイ倶楽部事務局の平出です。

最近かんざしをはじめ、ヘッドアクセサリーが流行ってますよね。
特に存在感のあるものが人気なようです。

アートクレイでも、シルバーチャームをヘアバンドやヘアゴムにつけたり‥
バレッタをシルバーで飾ったり‥‥考えただけでもわくわくです037.gif

実は先日、プロ美容師向けの雑誌の取材で、
オリジナルのヘッドアクセサリーの作り方を紹介いたしました☆
このお話はまた後日ご報告しま~す056.gif

アートクレイ倶楽部でもこの流れに乗り、f0181217_16172516.jpg
7月5日から新宿・府中・大阪・福岡で
「太王四神記」のアクセサリーデザイナー
Kang Mi Jung(カン・ミ・ジョン)先生による
『韓国の伝統技法を使ったデザイン技法セミナー』が開催されます!!
※詳しくはこちら

このセミナーでは、カン先生ならではの華やかなデザインの
『韓国かんざし』を制作いたします!!

f0181217_1618289.jpg
「でも、シルバーでボリュームのある
ヘッドアクセサリーなんて重くて使いづらい‥。」
なんてお思いでは??

ところがカン先生の作った『韓国かんざし』
作品のボリュームに比べて軽い!
それでいて立体感もあって強度もある!!

←着用するとこんな感じ♪ボリュームもあり華やか053.gif


f0181217_1619855.jpg
さらに、鮮やか!! 
金箔が使われているのに、
焼き付けたわけではないそうなんです!!
色も、P₂ジェリーにカラーを混ぜて着色した…
ものではない!!!

カン先生による、新しいテクニックが満載です060.gif


f0181217_16245279.jpgまた、カン先生は、ペ・ヨンジュン主演で日本でも話題
となった韓国歴史ドラマ
「太王四神記」や、「王女 自鳴鼓(チャミョンゴ)」
などで登場した華麗な装飾品の数々もデザイン
されています。

しかもそこにはアートクレイが使われている!!!!

↑この"かんざし"も先生デザイン&アートクレイ使用!!

今回はドラマで使用された作品のデザインコンセプト、
さらには技法までお話いただけるとのこと!! こんな話を聞けるのはこのセミナーだけかも知れません。
これ、かなり貴重な体験だと思います045.gif

まだ参加受付しております!興味のある方是非この機会に
韓流のデザイン&伝統技法をカン先生の直接指導で身につけ、
友人知人に自慢しちゃいましょ~016.gif
[PR]
by artclayclub | 2009-06-05 16:21 | 事務局より | Comments(0)