カテゴリ:おすすめレシピ( 82 )

みなさんまいどです!

アートクレイ倶楽部の岩橋です。


今回は!!!初の試み!!!!なんと動画を作りました!


その内容は?というと・・・
今年の全国セミナーで人気だった


f0181217_16044572.jpg


きらきら留めの「シャインストーンリング」072.gifです。

今回の動画はスペシャルですよ!超本格的に撮影しました。



見てください!この設備!!

この環境で撮影してきました。

f0181217_13511977.jpg
やっぱりプロの設備はちがいますな・・・
f0181217_13512150.jpg


セミナーに参加できなかった方にぜひ!見ていただきたい!!!

紙のレシピだけでは伝えきれない細かいニュアンスもバッチリ
くっきりまるわかり!!



これ実際の画面です。
作った私たちが見ても詳細な画像にびっくりしました。




会場で受講された方ももちろん必見ですよ。

会場では伝えにくかった細かな部分もバッチリアップで

確認できます。


芸術の秋!ゆっくりリビングでDVD見ながら作品制作に取り組んでください。

それでは最後までどうもおおきにでした!!!




[PR]
by artclayclub | 2015-10-20 19:13 | おすすめレシピ | Comments(0)
こんにちは。

事務局スタッフの松下です。027.gif


昨日3/18(水)に放送された
フジテレビ

皆さんご覧になられましたか?

東日本大震災の被災地で復興と子育てで花嫁姿を諦めた母、

産まれた女の子が今日で4歳に・・・そんな記念日にサプライズ結婚式を・・・

今回も感動と笑顔に溢れたサプライズ連続の2時間でした。




いや~~~~、それにしても
アートクレイでのサプライズ企画も今回で3回目!
私は香取さんと2回お会いしております。ラッキー!!027.gif

f0181217_16284515.jpg

ここでちょっと裏話?
撮影はこんな感じの場所で行われていたんですよ!

こんな感じのテーブルでタレントの皆さんが和気藹々と撮影していました。

・・・さすがにテレビの撮影中は、シャッターを押す勇気はありませんでしたが。007.gif







さて、ご紹介された手作りのエンゲージリング。
番組中ではさらっと紹介されていましたが、実際は新郎と香取さんが
色々と話し合ってデザインを決めていました。

今回は、そんな「新婦を喜ばせたい」という気持ちのこもったリングの作り方をご紹介します。
f0181217_17285261.jpgf0181217_17285499.jpg









f0181217_17285614.jpgまずは、1.5mm厚のプレート状の平打ちリングを作ります。乾燥後、波模様のデザインを鉛筆で下書きします。

再度1.5mm厚にのばした銀粘土をスチールスクレイパーでカットします。乾燥したリングの表面を薄く水で湿らせ、カットした銀粘土を下書きのラインに沿って貼り付けます。



f0181217_16405039.jpgリングの側面の余分な銀粘土はカットしておきます。

反対側の模様も同様に貼り付け乾燥します。







f0181217_17290199.jpgf0181217_17290348.jpg









乾燥後、側面を耐水ペーパーで平らに整えます。
リング側面に隙間がある場合は、ペーストタイプで埋め、再度乾燥します。034.gif

リングの内側にイニシャルを下書きし、ニードルでしっかり彫りましょう。

f0181217_17284278.jpgf0181217_17284443.jpg









f0181217_17284573.jpg石はお好みでセッティング。
撮影ではφ4の合成石(グリーン)を使用しています。

φ3のドリル刃で下穴を開けた後、模様の幅が太い方をカッターで広げます。
ドリル刃φ4で穴を開けようとすると模様が欠けやすいので、ストーンセッティングバーφ4で穴を整えてから合成石を埋めましょう。









完成品はコチラ!!
f0181217_17290910.jpg

f0181217_17455365.jpgもともとはコチラのデザインを新郎さんが気に入ったのですが、香取さんがすばやくアレンジし今回のデザインに!!

香取さんは以前アートクレイシルバーにのめり込み、さらに彫金を学んだ強者!!

その手際の良さは流石でした!!






それではまた次回のブログで!!027.gif








[PR]
by artclayclub | 2015-03-19 18:45 | おすすめレシピ | Comments(0)
こんにちは。

事務局スタッフ の松下です。027.gif


3月も中旬に差し掛かり、卒業・入学シーズンが近づいてきましたね。


事務局スタッフの中にも準備に追われている人が約1名・・・




f0181217_16232583.jpgそれはこの人!奥苑さんです。

皆さんが事務局にお電話した時、優しく、美しい声で対応しているおね~さまです。

実は奥苑さんの長男が6歳になり、今週末に卒園式を迎えるそうなんですが、

「まだ準備が終わってな~~~い」
と叫んでおります。







そこで私、松下が日頃の恨み・・・・いや、感謝を込めて手軽に制作できるアイテムのレクチャーをしたいと思います。








f0181217_16385071.jpgf0181217_16385627.jpg










まず石枠RDφ10の差し込み部分をニッパーでカットし、中目ヤスリで削り整えます。



f0181217_16395731.jpg銀粘土0.5gを丸くまとめ、少し平らにつぶした後、スマート石枠φ4を埋め込み乾燥します。

このパーツは2つ制作して、中目ヤスリで形を整えておきます。034.gif







f0181217_16422506.jpgf0181217_16424200.jpg










銀粘土約6gをモールド【リング(細)】の真ん中のデザインに埋め、銀粘土が柔らかいうちに取り外します。

取り外した銀粘土をローラーに沿わせるようにして形を整えます。繋ぎ目部分は後でカットするので適当に繋いでおけばOKです。

形が崩れないようにローラーを外し、繋ぎ目部分に石枠を押し当てます。
余分な部分をスパチュラでカットしておきます。


f0181217_16451473.jpgf0181217_16452230.jpg










乾燥したパーツの幅をカッターでカットし、ペーストタイプで接着、乾燥します。



f0181217_16471977.jpg










石枠の内側からオーバーレイ・シルバーペーストで補強します。再度乾燥し、石枠に付いた余分なペーストはカッターでカットします。

裏側のバリをスポンジ研磨材で整え、ブローチ金具を接着・乾燥してから焼成します。








完成品はコチラ!!
f0181217_17275957.jpg

キラリと光る合成石が存在感を放つブローチの完成です。

銀粘土は全体で7gしか使用しておらず、かなり軽い作品なのでスカーフピンとしても使用できます。



大型合成石は只今セール中なので是非そちらもご確認ください!!


それではまた次回のブログで!!027.gif

[PR]
by artclayclub | 2015-03-13 18:11 | おすすめレシピ | Comments(0)
こんにちは。
アートクレイ倶楽部事務局の松下です。027.gif


アートクレイマーケット春号の反響が凄いことになっています。

特に
新素材のグラスクレイ
についてのご質問が多いです。



やっぱり新素材ですからね・・・026.gif



そこで、グラスクレイの基本的な使い方の動画をアップしましたので見てください。




基本的にはA剤、B剤を混ぜ合わせて硬化させるタイプの樹脂粘土ですが、
今までになかった透明感が最大の特長です!!










さらに、今回は全国セミナーで大人気!
礒野先生がグラスクレイを使って独特の世界観を表現した作品を制作してくれました。
f0181217_16104712.jpg
これは先生が作ってくれた芋虫?です。
ちなみにこの作品もグラスクレイでできています。
こんな細かい造形もできるんですね~~!005.gif





もちろん芋虫?以外にもたくさんの素敵な作品を作っていただきました!!
f0181217_16073941.jpg

f0181217_16074433.jpg

f0181217_16073768.jpg

f0181217_16074191.jpg



すばらしい・・・。


液状のUV樹脂では難しい「造形」に関して、グラスクレイは簡単に制作することができます。


皆さんもぜひチャレンジしてくださいね!!

それではまた次回のブログで!!027.gif



[PR]
by artclayclub | 2015-02-27 17:58 | おすすめレシピ | Comments(0)
こんにちは。

アートクレイ倶楽部 事務局スタッフ松下です。027.gif


お正月にごろごろ~、ごろごろ~していたのが昨日の事のようですが、あっという間に2月になってしまいました。015.gif


このままではあっという間に4月になってしまいそうですね。

4月になれば、入学、入社の新生活のシーズン。


その前にちょっと可愛い身支度をそろそろ始めてみませんか?



前回のブログでも人気だったピアスを今回もピックアップし、

簡単レシピを紹介しますね!!









f0181217_1644227.jpgf0181217_16444490.jpg










まずシリカボードにデザインカッターで凹みをつけ、1.5cmにカットした純銀線(φ0.8)を差し込みます。
7mm前後シリカボードから飛び出るようにしておきます。



f0181217_1644321.jpgf0181217_16453398.jpg










バーナーで先端を溶かし、丸ピンの形状にします。
今回は3本準備しました。



f0181217_1795545.jpgf0181217_17105935.jpg










銀粘土約7gを1.5mm厚にのばし、テクスチャーシートで両面に模様をつけます。
丸玉から4mm位の位置で折り曲げた先程の純銀線を銀粘土にしっかり押し付け、凹みをつけます。

乾燥後、形を整え、先端に金具を通す穴を開けます。
先程凹ませた部分はカッターで幅を広げます。



f0181217_17403396.jpgf0181217_17565479.jpg










焼成後、凹みの部分にエポキシ系接着剤をたっぷり付け、花びら革パーツに銀線を通して接着します。

















完成品はコチラ!!
f0181217_17241456.jpg


カラフルな花びらのパーツの色がシルバーの土台を彩ります。



春先に向けて是非皆さんもチャレンジしてください。034.gif


それではまた次回のブログで!!027.gif
[PR]
by artclayclub | 2015-02-06 15:47 | おすすめレシピ
こんにちは。

アートクレイ倶楽部事務局の松下です。027.gif

まだまだ朝は冷え込みますが、大寒も過ぎたのでお昼位には少し暖かさを感じます。

徐々に春先が近づき、衣替えの季節がすぐそこまで来ていますね!034.gif



さて、そこで今回は
春先に耳元を飾る彩りピアスのレシピを紹介いたします。






f0181217_162265.jpgまず、銀粘土約10gを1.5mm厚にのばし、テクスチャーシートの上で1mm厚にのばし直します。






f0181217_1622196.jpg
適当な大きさにスチールスクレイパーでカットします。
今回は約22mm位の四角いパーツでカットしました。042.gif

爪楊枝等で形に変化をつけながら乾燥します。
乾燥後形を整え、ピンバイスで穴を開けて焼成します。

f0181217_16224047.jpg
焼成後、仕上げをしてからUV樹脂で着色。お好みの押し花などでカラフルに仕上げましょう。












完成品はコチラ!!
f0181217_16224749.jpg




今回はピンクで着色し、春をイメージした作品に仕上げました。
金具がシルバーだと合わないので、ピンクゴールドフィルドのピアス金具を使用しています。



今週末のタイムセールでは
5種類のピンクゴールドフィルドのピアス金具を紹介していますので、ぜひご覧ください!034.gif



それではまた次回のブログで!!027.gif
[PR]
by artclayclub | 2015-01-23 17:24 | おすすめレシピ | Comments(0)
こんにちは!
アートクレイ倶楽部事務局の にしのです。

さて、今日は夏の体験会におすすめのアイテムをご紹介します!

まずは、お子様向け体験に。
「自由研究レポート作成マニュアル」を今年もご用意しました!

f0181217_1602230.jpg



アートクレイ倶楽部会員の方は、教材ご注文ページの右下の「ダウンロードレシピ集」の
【自由研究レポート作成マニュアル】をダウンロードしてプリントすれば、すぐに
使えるマニュアルが出来上がります。


夏の自由研究向けの体験会に、とってもおすすめなのが、貝殻を型取りしたモチーフ。
海岸で拾った貝殻をそのまま銀のモチーフにして思い出のアクセサリーを作れたら、最高ですね。

教室で作りたいけど、海に行く時間がなくて。。。という皆さまのために、

今回は夏のビーチに行って貝殻とサンゴ砂を集めてきました(嘘です)。
f0181217_168878.jpg


白い砂浜に、青い海、まぶしい太陽に、サンゴ礁・・・。

海の思い出をアクセサリーにしてみませんか?

f0181217_160391.jpg








ブルーミックスで型取りして、貝殻モチーフのアクセサリーにするのもよし、

サンゴ砂はUVレジンで閉じ込めて涼しげなアクセサリーにするのもよし。

いろいろ楽しめますよ。


ブルーミックスで型取りをして作る時、小さめの貝殻を選ぶと、ピアスなどさりげないアクセサリーに
ぴったりです。
大きな貝殻も、このように中の部分だけ粘土をつめると、小さな貝殻が出来上がります。

f0181217_15583738.jpg


シルクシフォンリボンにつけてブレスレットにしたり・・・
f0181217_17224628.jpg

チェコビーズと一緒にピアスにしたり・・・
f0181217_1740595.jpg



思いのままにUVレジンに閉じ込めて、
f0181217_17315014.jpg

ペンダントにしたり・・・
f0181217_17374063.jpg


いろいろアレンジしてみてください!

アートクレイマーケット2014夏で、この夏を楽しんじゃいましょう!

004.gif  004.gif  004.gif
[PR]
by artclayclub | 2014-07-11 18:20 | おすすめレシピ | Comments(0)

想像以上に曲がります!

こんにちは。

事務局スタッフの 松下です。027.gif


皆さま、お手元に事務局からの郵送物は届いていますか?
f0181217_17351256.jpg
届いていない方は、今すぐ事務局までご連絡くださいね!


さて、今回は夏らしく、涼しげな作品を制作するための便利な教材をたくさんご紹介していますので
見逃し厳禁です。034.gif







その中で皆さんが気になっている商品がありますよね!?


そう、「UV樹脂クリスタル ソフトタイプ」

えっ!ソフトってどういうこと?って悩んじゃっていませんか?042.gif


そこで今回はこの新しいUV樹脂を使ってブレスレットを作るレシピをご紹介いたします。



f0181217_16472657.jpgf0181217_16480720.jpgf0181217_16483996.jpg







まずはシルバーのパーツ作りです。
使用するのは【F-0751、F-0752】のクリアモールド。
銀粘土をモールドに詰め、乾燥。

乾燥後、ドリル刃φ2.0で穴を削ります。
貫通しないように注意してくださいね。


そこにシリンジタイプを流し込み、割りピンの頭の部分を埋め込んで乾燥、焼成します。






f0181217_16492093.jpgf0181217_16494756.jpg







ここで使うのは市販のカラフルなマスキングテープ!!

適当な長さで二つ折りにし、接着面を重ね合わせます。
そして、まずは片面だけにUV樹脂クリスタルソフトタイプを薄く塗布し、UV樹脂照射機で硬化させてください。

硬化時間は約10分




f0181217_16521879.jpgf0181217_16524492.jpgf0181217_16543265.jpg







焼成した割りピンの先端を表側から突きさし、先端を5mm位残してニッパーでカット。

割りピンの先端を開いてその上からソフトタイプを塗布して再度硬化。

エンドパーツを繋げて完成です。
















完成品はコチラ!
f0181217_16550460.jpg
夏らしい、涼しげなブレスレットが簡単に出来上がりました。

裏側にもUV樹脂クリスタル ソフトタイプを塗布・硬化しているので金具が当たっても痛くありません。042.gif


ちなみに
UV樹脂クリスタル ソフトタイプがどの位ソフトかといいますと、こんな感じです。



完全硬化してしまえば、はっきりいってグニャグニャ。





今回のレシピだけでなく、チラシに掲載されているその他の作品レシピも

教材ご注文ページからダウンロード出来ますので、是非参考にしてくださいね!!034.gif



それではまた次回のブログでお会いしましょう!松下でした。027.gif

[PR]
by artclayclub | 2014-06-19 18:58 | おすすめレシピ | Comments(0)

今流行っているらしい!

こんにちは。 事務局スタッフの松下です。027.gif

2014日本ホビーショーの体験会は
、大盛況で終了する事が出来ました!
ブースに足を運んでくださった方、本当にありがとうございました。019.gif

さて、今日はこちらの体験会の中で特に人気の高かったアイテムを紹介します!



f0181217_14112879.jpgまずはテクスチャーリング。


その名の通りテクスチャーシートを使用したリングです。

細目の平打ちリングですが、テクスチャーがワンポンイントになって、人気が高かったです。





ホビーショーでは10種類のテクスチャーシートから模様を選べたのも人気の理由でしょうか!034.gif


f0181217_14193276.jpgチャームの人気アイテムはシルバーレースチャームです。


コチラはパーツモールドを使用したチャームです。

体験では誕生石(合成石)を使用される方が殆どでした。








というわけで、今回はテクスチャーリングをアレンジして作品を作ってみたいと思います!!

f0181217_14292219.jpg f0181217_14304713.jpg








銀粘土を幅5mm位のひも状にのばし、つなぎ目を整えます。
この時、木芯棒にしっかりくっつくように押し付けながら巻き付けるのがポイントですよね

その後、テクスチャーシートの上に1.5mm厚のプラゲージを置き、テクスチャーを付けていきます。



f0181217_14404616.jpg f0181217_15065600.jpg








上下をカットし、5mm幅位にします。

リングの側面部分に差し丸カン(極小)を2本差し込み
、乾燥させます。








f0181217_15180346.jpgさらに同じように作業してもう1本リングを制作しますが、こちらのリングは第1関節と第2関節の間の号数を測って作業する事が注意点です!034.gif













完成品はコチラ!
f0181217_16031659.jpg
f0181217_16080647.jpgいかがでしょうか?

最近若い人を中心に流行している「ミディリング」というアイテムです。005.gif



第1関節と第2関節の間につけるリングが落ちないように、2本のリングをチェーンで繋げています。













f0181217_16113182.jpg日経MJにも記事が掲載されていました。


流行に疎い私ですが、若者を意識して作ってみました!!



それではまた次回のブログで!!027.gif
[PR]
by artclayclub | 2014-05-02 21:33 | おすすめレシピ | Comments(0)
こんにちは。

事務局スタッフの松下です。027.gif


昨日までは5月下旬の暖かさだったのですが、今日は寒いですね!

しかし、季節は夏に近づきつつあることは確実です!!



ということで、今日はこれから到来するであろう夏!に向けて


軽くて、涼しげな作品を作ります!










f0181217_18491213.jpgf0181217_15520794.jpg 








ペーパータイプを2mm幅で20本カットします。
クイリングバーのスリット部分にカットしたペーパータイプを挟み込み、くるくる巻いていきます。


f0181217_16123465.jpg






まずは直径7mmにしてください。034.gif



f0181217_16132911.jpgf0181217_16242903.jpg 








巻き終わりをスティックのりで仮留めします。軽くつまみ、ティアドロップ型に形を整えます。
室温から800℃30分間
保持で焼成します。



f0181217_17015262.jpg焼成後のパーツを再度クイリングバーやピンセットで巻き直し、形を整えます。

左が焼成直後、右が形を整えたパーツです。042.gif




f0181217_17031967.jpgf0181217_17061818.jpg 








マスキングテープをのりが付いている面を上にし、その上にパーツを配置します。

パーツ同士の接点に油性ペースト、またはオーバーレイシルバーペーストを付けて乾燥させます。



f0181217_17065762.jpgf0181217_17070961.jpg 








純銀丸線(φ0.6)を約1.5cmにカットし、中心に立てます。
その周りにさらにパーツを重ね、油性ペースト(またはオーバレイシルバーペースト)で接着します。

乾燥後、マスキングテープも一緒に焼成します。










完成品はコチラ!
f0181217_17223428.jpg
ペーパータイプをクイリングバーでくるくるするだけで、

こんなに素敵でアーティスティックな透かし模様のイヤリングが簡単にできました!005.gif


皆さんもぜひ応用してみてください!


それではまた次回のブログで!027.gif




[PR]
by artclayclub | 2014-04-18 18:27 | おすすめレシピ | Comments(0)

アートクレイ倶楽部事務局より皆さんへメッセージ


by artclayclub
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31