ブログトップ

コミュニケーションデザイン研究室

おじゃマップで作られた結婚指輪のレシピ!

こんにちは。

事務局スタッフの松下です。027.gif


昨日3/18(水)に放送された
フジテレビ

皆さんご覧になられましたか?

東日本大震災の被災地で復興と子育てで花嫁姿を諦めた母、

産まれた女の子が今日で4歳に・・・そんな記念日にサプライズ結婚式を・・・

今回も感動と笑顔に溢れたサプライズ連続の2時間でした。




いや~~~~、それにしても
アートクレイでのサプライズ企画も今回で3回目!
私は香取さんと2回お会いしております。ラッキー!!027.gif

f0181217_16284515.jpg

ここでちょっと裏話?
撮影はこんな感じの場所で行われていたんですよ!

こんな感じのテーブルでタレントの皆さんが和気藹々と撮影していました。

・・・さすがにテレビの撮影中は、シャッターを押す勇気はありませんでしたが。007.gif







さて、ご紹介された手作りのエンゲージリング。
番組中ではさらっと紹介されていましたが、実際は新郎と香取さんが
色々と話し合ってデザインを決めていました。

今回は、そんな「新婦を喜ばせたい」という気持ちのこもったリングの作り方をご紹介します。
f0181217_17285261.jpgf0181217_17285499.jpg










f0181217_17285614.jpgまずは、1.5mm厚のプレート状の平打ちリングを作ります。乾燥後、波模様のデザインを鉛筆で下書きします。

再度1.5mm厚にのばした銀粘土をスチールスクレイパーでカットします。乾燥したリングの表面を薄く水で湿らせ、カットした銀粘土を下書きのラインに沿って貼り付けます。



f0181217_16405039.jpgリングの側面の余分な銀粘土はカットしておきます。

反対側の模様も同様に貼り付け乾燥します。







f0181217_17290199.jpgf0181217_17290348.jpg










乾燥後、側面を耐水ペーパーで平らに整えます。
リング側面に隙間がある場合は、ペーストタイプで埋め、再度乾燥します。034.gif

リングの内側にイニシャルを下書きし、ニードルでしっかり彫りましょう。

f0181217_17284278.jpgf0181217_17284443.jpg










f0181217_17284573.jpg石はお好みでセッティング。
撮影ではφ4の合成石(グリーン)を使用しています。

φ3のドリル刃で下穴を開けた後、模様の幅が太い方をカッターで広げます。
ドリル刃φ4で穴を開けようとすると模様が欠けやすいので、ストーンセッティングバーφ4で穴を整えてから合成石を埋めましょう。









完成品はコチラ!!
f0181217_17290910.jpg

f0181217_17455365.jpgもともとはコチラのデザインを新郎さんが気に入ったのですが、香取さんがすばやくアレンジし今回のデザインに!!

香取さんは以前アートクレイシルバーにのめり込み、さらに彫金を学んだ強者!!

その手際の良さは流石でした!!






それではまた次回のブログで!!027.gif








[PR]
by artclayclub | 2015-03-19 18:45 | 事務局より | Comments(0)